平成28年度 中国地区国家公務員OPENゼミ「官庁Watching」
実 施 結 果
場  所 日  時 実施内容
 
  広島市青少年センター
  

平成29年3月13日(月)
 10:30〜16:50
ポスター

詳細(リーフレット)

3月13日(月)のスケジュール
(業務説明)


3月14日(火)のスケジュール
(職場見学・意見交換)
  広島合同庁舎 ほか
平成29年3月14日(火)
  9:30〜16:40
  
 
官庁Watchingの様子

3月13日(月) 10:30〜16:50


 本年度の参加者は617名となり、昨年度(551名)以上に大盛況となりました。 中国管内の大学生のみならず、専門学校生や社会人、近畿や九州・四国等の遠方の大学生など、幅広い層の方に参加していただけました。
 入場受付に並ぶ参加者の様子
10:30〜 開会挨拶・オリエンテーション

 まず、人事院中国事務局から、官庁watchingの概略を説明しました。
 国家公務員の仕事は、多種多様で幅広い分野に分かれていますが、このイベントを通じて得た知識や様々な発見を、是非これからの進路選択の参考にしていただければと思います。
         
10:50〜 参加官庁による業務説明

 本年度は27の官庁が業務説明に参加しました。
 ひとくちに国家公務員といっても、非常に多くの官庁が存在し、多様な業務を行っています。
 各官庁はそれぞれ10分程度で業務の概要やその魅力を説明し、参加者は熱心にメモを取りながら説明を聞いていました。
 
16:20〜 職場見学・意見交換の予約受付

 業務説明終了後、翌日に実施する各官庁の職場見学等の予約受付を行いました。
 本年度は28の官庁が職場見学等に参加しましたが、予約はそのうち5つの官庁まで行えるので、参加者は時間いっぱい各官庁のブースを周り、人気のある官庁のブースには長い列ができていました。
予約受付の様子
3月14日(火)  9:30〜16:40
各官庁における職場見学・意見交換
職場見学の様子 職場見学の様子
     
意見交換の様子 試験制度説明会の様子  
         
    職場見学の実施方法は官庁ごとに様々ですが、普段なかなか見る機会のない公務の職場ということで、参加者は非常に興味深い様子でした。
 意見交換については、参加者に年齢の近い若手職員が対応する官庁が多く、和やかな雰囲気の中で様々な質問が参加者から寄せられました。
 

 なお、職場見学・意見交換のほかに、試験制度説明会、Q&Aコーナーを設け、人事院職員が参加者から寄せられた試験制度等に関する疑問・質問にお答えしました。
 


  参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。  

 ● 各官庁の職場の雰囲気や働く人の人柄など、実際に参加しないと知ることができないことが沢山あり、大変参考になった。

 ● 実際に職場を見ることで、抽象的なイメージが具体的なものに変わり、ここで働いてみたいと思った。

  どの官庁でも職員の方に直接質問する機会があり、気になっていたことや不安な点を尋ねることができた。

 ● どの官庁にも魅力があり、もう一度進路に迷ってしまうほどだった。参加して良かった。進路についてもう一度熟考しようと思う。


 参加者の方には、この官庁Watchingを通じて、各官庁の仕事に対する具体的なイメージや関心を持っていただくことができたと思います。
 参加者の皆様と、国家公務員の一員として共に働ける日をお待ちしています。