職員からの苦情相談 (最終更新:2015年4月1日)
  人事院では、一般職の国家公務員の方の職場における悩みや苦情について相談に応じています。
 お気軽にご相談ください。
苦情相談の対象者

 中国5県内で勤務している一般職の国家公務員(行政執行法人の職員を除く。)
※ 非常勤職員の方も対象としています。

※ 一般の方からの国の行政全般への苦情総務省行政評価局で受け付けております。
苦情相談の相談例
  • 辞職を強要されている。
  • 職場でいじめや嫌がらせを受けている。
  • セクシュアル・ハラスメントの被害を受けている。
  • 休暇を認めてもらえない。
  • 超過勤務が異常に多い。

 上記以外にも、不利益処分審査、行政措置要求、災害補償審査、給与決定審査等の手続についての問合せにもお答えします。
相談を受けたら

 相談内容に応じて、関係する制度の説明、アドバイス、関係当局に対する事実確認の依頼等あるいは両当事者間のあっせんを行うなどして、相談に係る問題の適切な解決を図ります。

 秘密は厳守いたします。相談内容や来局されたことは、ご本人の了解無しで職場に伝えることはありません。当局に対しての働きかけもご本人の了解を得ずに行うことはありません。
相談方法・相談先

 電話・手紙・面談のいずれの方法でも可能です。
 なお、面談の場合はあらかじめ電話でご予約ください。
 また、人事院の職員相談課【東京】では電子メールによる受付も行っております。
人事院中国事務局 第一課 公平勤務係
〒730-0012 広島市中区上八丁堀6−30
                 
地図はこちら
電話(082)228−1182
人事院公平審査局職員相談課【東京】

〒100-8913 東京都千代田区霞が関1−2−3
                 
地図はこちら
電話(03)3581−3486

※職員相談課では「電子メールによる受付」も行っています。
詳しくはこちら
その他

 平成18年10月より日本司法支援センター(法テラス)が業務を開始しました。

 法テラスでは、各種法的トラブルの解決に役立つ情報を提供します。例えば、相談者の相談内容に応じて、最も適切な関係機関等の紹介(振り分け業務)や、法制度に関する情報提供を行います。