前(節)へ 次(節)へ

第1部 ≪人事行政の動き≫

第1章 人事行政この1年の主な動き

I 人材確保対策の推進

1 採用試験申込者の増加


平成7年度の雇用情勢は、経済情勢を反映し、完全失業率が過去最高となるなど厳しい状況が続いた。

このような雇用情勢等を反映して、平成7年度に実施した公務員試験の申込者の総数は、平成5年度に比べ大幅に増加した前年度を更に上回り、1.4%増の327,823人となった。

試験別では、大学卒業程度の試験であるI種、II種においては、申込者はいずれも前年度を上回ったが、高校卒業程度の試験であるIII種試験においては、若年人口の減少、大学進学率の上昇等により前年度を下回った。また、女性の申込者は、I種試験において顕著な増加を示し、10,102人と初めて1万人を超えるとともに、I種申込者に占める割合も23.3%と過去最高となった。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority