前(節)へ 次(節)へ

第2編 ≪国家公務員倫理審査会の業務≫

第2部 平成13年度業務状況

第3節 倫理法等に違反する疑いがある行為に係る調査及び懲戒

2 倫理法等に違反する疑いがある行為に係る調査及び懲戒の状況


(1)  調査及び懲戒処分等の件数

平成13年度に倫理法等に違反する疑いのある行為に関し新たに開始された調査が11件、前年度から継続して行われた調査が2件であった。これらのうち、4件について倫理法等に違反する行為があることを理由として懲戒処分が行われ、6件について各府省の内規による訓告、厳重注意等の措置が講じられた。また、1件については、一般服務義務違反を理由に懲戒免職処分が行われている(残りの2件は調査が平成14年度に継続された。)。これらを前年度と比べると、新たに開始された調査件数は3件、懲戒処分件数は1件、訓告、厳重注意等の措置件数は4件それぞれ増加している。

なお、任命権者は、倫理法等に違反する行為で懲戒に付せられるべき事件が、刑事裁判所に係属している間においても、倫理審査会の承認を経て、適宜に懲戒手続を進めることができることとされているが、平成13年度において懲戒処分が行われた4件のうち1件については、懲戒手続進行の承認申請があり、当該事件に係る内容等を厳正に審査した結果、その申請を承認した。

(2)  倫理法等違反事案の概要

倫理法等に違反する行為があることを理由として懲戒処分が行われた事案の概要及び処分内容は次のとおりである。

また、倫理法等違反行為の態様等に照らし、懲戒処分は行われず、各府省の内規による訓告、厳重注意等の措置が講じられた事案の内訳は次のとおりである。

このほか、一般服務義務違反を理由に懲戒免職処分が行われたが、調査の結果、倫理法等違反行為があることが明らかになった事案は次のとおりである。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority