前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】 平成20年度業務状況

第1章 職員の任用

第3節 Ⅱ種・Ⅲ種等採用職員の幹部職員への登用


意欲と能力のある優秀なⅡ種・Ⅲ種等採用職員の幹部職員への登用を着実に推進するため、各府省においては、「Ⅱ種・Ⅲ種等採用職員の幹部職員への登用の推進に関する指針」(平成11年事務総長通知)に基づき、「計画的育成者」の選抜、育成に努めており、従前T種採用職員が就いていたポストへの任用や出向ポストの拡大など、各府省それぞれの実情に応じた取組がなされているとともに、人事院が実施する行政研修(特別課程)にも積極的に参加している。平成20年度においては、「行政研修(係長級特別課程)」及び「行政研修(課長補佐級特別課程)」を各2回実施し、係長級では23府省から106人、課長補佐級では22府省から70人の参加があった。また、「行政研修(係員級特別課程)」については、21府省から78人の参加を得て実施した。

また、これまで海外勤務や海外研修の機会の少なかったⅡ種・Ⅲ種等採用職員にも機会を付与し、国際化する行政に対応し得る基礎的素養の向上を図るため、短期在外研究員制度の特別枠を設定し、平成20年度は、行政研修(係長級特別課程)受講者の中から選抜した3人を海外研修に派遣した。

人事院は、毎年、各府省人事担当課長からなる「Ⅱ種・Ⅲ種等採用職員登用連絡協議会」を開催し、登用の実情把握や啓発に努めている。なお、「平成20年度Ⅱ種・Ⅲ種等採用職員の登用施策等に関する調査」によれば、19年度においてⅡ種・Ⅲ種等採用職員の登用推進努力として行った新たな幹部職員(本府省課長級以上)への任用数は、指定職ポスト10人、本府省課長等48人、地方支分部局長等51人で、計109人であった。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority