前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】 平成20年度業務状況

第2章 人材の育成

第2節 人事院が実施した研修

1 役職段階別研修

(1) 府省合同幹部要員研修(行政研修)

各府省の行政運営の中核となることが期待される職員を対象に、豊かな感性と高い倫理観に基づいた全体の奉仕者としての使命感の徹底、広い視野、柔軟な発想など国民全体の視点に立つために求められる資質を向上させること及び国家公務員として協力して施策を行うための相互の信頼関係を醸成することを基本的な目的とした合同研修(行政研修)を実施している。

行政研修は、採用時の合同初任研修、初任行政研修をはじめ、3年目フォローアップ研修、本府省の課長補佐級、課長級の各職員に対する研修など各役職段階ごとに実施しており、課長補佐級以上では①全体の奉仕者としての使命と職責について考える、②公共政策の在り方を多角的に検証し考える、③公正な公務運営について学ぶ、の三点をカリキュラムの柱としている。

また、研修参加者は、合宿研修を通じて議論を重ね、意見を交換して、互いに啓発しながら相互の理解・信頼を深めている。また、様々な分野の者との交流を通じ幅広い視野を身に付け相互の理解を促進する観点から、民間企業、外国政府等からの参加を得て実施している。

平成20年度における行政研修の実施状況は、表2−1のとおりである。

[表2-1]平成20年度行政研修実施状況
ア 国家公務員合同初任研修

各府省の行政職俸給表(一)2級の官職(これに相当すると認められる官職を含む。)に採用された直後の職員を対象に、総務省と共同で実施している。

平成20年度は、各界を代表する講師によるこれからの公務員の在り方に関する講演等のほか、公務員の服務・倫理についての講義・演習、各府省の人事管理官及び課長補佐などを迎えての班別演習を中心として実施した。

イ 初任行政研修

各府省の行政職俸給表(一)2級の官職(これに相当すると認められる官職を含む。)に採用された職員のうち、将来、本府省において政策の企画・調整の衝に当たることが見込まれる者を対象に、4コースに分けて実施している。

平成20年度は、「公務員倫理」に関する講義・演習のほか、研修員8〜9人が一組となり政策提言をまとめる「政策課題研究」や、行政事例を題材として実際の政策決定の在り方を学ぶ「行政政策史」などをカリキュラムとして実施した。また、体験型カリキュラムとして、社会福祉施設での実地体験を通じて学ぶ「介護等実地体験」、地方公共団体に赴いて地方行政の実情を学び、地方行政に携わる職員や地域住民との意見交換を行うこと等により、地域の多様性、生活実態、住民の意識やニーズ等について認識を深める「地方自治体実地体験」を関係者の協力を得て実施した。(表2−2

[表2-2]平成20年度初任行政研修の内容
ウ 3年目フォローアップ研修

将来、本府省において政策の企画・調整の衝に当たることが見込まれる採用3年目の者を対象に、平成20年度より新たに実施することとした。

平成20年度は、4コースに分けて実施し、各コースにおいて研修員8〜9人が一組となり、2年間の公務員生活について発表・意見交換を行う「公務員としての2年間を振り返る」、予め決められたテーマに沿って政策提言をまとめる「政策ワークショップ」、社会起業家による講義などをカリキュラムとして実施した。

エ 行政研修(課長補佐級)

本府省の課長補佐級の職員を対象に実施している。

平成20年度は、我が国の安全保障、地域振興等をテーマとした「政策課題研究」、各府省の行政課題等についての「個別政策研究」のほか、「職業と倫理」に関する講義・演習、「コーチング」、古典を通じてリーダーシップを考える「古典に学ぶ」などをカリキュラムとして5回実施した。

なお、このうちの1回については、参加しやすい日程を選択できるよう、週末を活用して行う形態(木・金・土の3日間3回計9日間で実施)とし、カリキュラムに行政事例を題材として政策決定の在り方を研究する「行政政策史」を導入した。

オ 行政研修(課長補佐級)中国行政学院派遣コース

本府省の課長補佐級の職員を対象に実施している。

平成20年度は、中国事情について把握するための事前研修と日中の行政官の意見交換や中国企業等への訪問などを行う派遣研修を1回実施した(訪問先は、北京及び大連)。

なお、課長補佐級において、中国行政官50人の受入れを行った。

カ 行政研修(課長補佐級)韓国中央公務員教育院派遣コース

本府省の課長補佐級の職員を対象に実施している。

平成20年度は、韓国事情について把握するための事前研修と日韓の行政官の意見交換や韓国の行政機関等への訪問などを行う派遣研修を1回実施した(訪問先は、ソウル特別市及びクワチョン市)。

キ 行政研修(課長級)

本府省の課長級職員を対象に実施している。

平成20年度は、今後の国際情勢と日本外交、我が国の財政等をテーマとしたレクチャー・フォーラム方式の「政策課題研究」、各府省の行政政策についての「個別政策研究」、公務員倫理に関し思索等を深める観点からの「古典に学ぶ(読書研究)」、「文化・文明論」に関する講義のほか、「人事管理・組織管理」などをカリキュラムとして4回実施した。

なお、このうちの2回は、参加しやすい日程を選択できるよう、通常1週間の日程を水曜日〜土曜日の4日間で実施した。

ク 行政研修(係員級特別課程)

Ⅱ種試験又はⅢ種試験等により採用された係長昇任直前の職員で、各府省が将来の幹部要員として計画的に育成しようとしている者又はその選抜の候補となる勤務成績優秀者を対象に実施している。

平成20年度は、少子高齢社会における社会保障、我が国の外交をテーマとした「公共政策立案の基礎」のほか、「公務員倫理演習」、「政策ディベート」、「英語学習技法演習」などをカリキュラムとして2回実施した。

ケ 行政研修(係長級特別課程)

Ⅱ種試験又はⅢ種試験等により採用された本府省の係長級の職員で、各府省が将来の幹部要員として計画的に育成しようとしている者を対象に実施している。

平成20年度は、資源・エネルギー問題、我が国の外交をテーマとした「政策課題研究」、各府省の行政課題についての「個別政策研究」のほか、「公務員と職業倫理」、「政策ディベート」、「コーチング」などをカリキュラムとして2回実施した。

コ 行政研修(課長補佐級特別課程)

Ⅱ種試験又はⅢ種試験等により採用された本府省の課長補佐級の職員で、各府省が将来の幹部要員として計画的に育成しようとしている者を対象に実施している。

平成20年度は、地域活性化、地方と国の役割分担をテーマとした「政策課題研究」、各府省の行政課題についての「個別政策研究」のほか、「公務員倫理演習」、「コーチング」、古典を通じてリーダーシップを考える「古典を学ぶ」等をカリキュラムとして2回実施した。

特別課程においては、研修員の所属府省における今後の育成の参考に資するため、研修期間中のレポートの内容、研修への参加状況等を通じて、研修員の能力・適性等について評価を行った。

サ 行政フォーラム(本府省課長級)

行政フォーラム(課長級)は、長期間の研修の参加が困難な本府省の課長級職員に研修機会を提供する場として、人事院の会議室において、講義と意見交換を合わせて夕刻から約3時間という参加の容易な形式で実施している。

平成20年度は、各界から著名な講師を招いて、計8回実施し、そのうち7回は、「国際関係」をシリーズとして取り上げた。(表2−3

[表2-3]平成20年度行政フォーラムのテーマ及び講師(課長級)
[表2-3]平成20年度行政フォーラムのテーマ及び講師(幹部級)
シ 行政フォーラム(本府省幹部級)

本府省の局長、審議官級職員を対象として、これからの行政と行政官の在り方を基本に立ち返って考え、意識改革を図るため、各界の有識者からの講義と講師を交えた意見交換を行う、行政フォーラム(幹部級)を実施している。

平成20年度は、2回実施した。(表2−3

(2) 幹部行政官セミナー

本府省の審議官級及び筆頭課長級の職員を対象に、思索型研修である幹部行政官セミナー(アスペンメソッド)を3泊4日の合宿形式で実施した。また、管区機関の局部長級の職員を対象に、これからの行政と行政官の在り方を基本に立ち返って考え、意識改革を図る幹部行政官セミナーを実施しており、各界の有識者からの講話と講師を交えた意見交換を行った。

平成20年度は7回開催し、95人が参加した。(表2−4

[表2-4]平成20年度幹部行政官セミナー実施状況
(3) 地方機関職員研修

各地方事務局及び沖縄事務所では、管内の各府省の地方機関の実情を踏まえつつ、各役職段階別ごとに求められる能力、資質等を向上させ、併せて政府職員としての一体感を培うことを目的として、役職段階別の研修を実施するとともに、特定のテーマに関する知識・スキルを深めるための研修を実施している。(表2−5

[表2-5]平成20年度地方機関職員研修実施状況
ア 役職段階別研修

役職段階別研修の内容は、各役職段階に必要な基本的知識等を付与する科目のほか、近年の公務を取り巻く諸情勢を踏まえ、公務員倫理、メンタルヘルス、セクシュアル・ハラスメント防止等の科目を取り入れている。なお、一部の研修では、研修員の一体感を醸成し、研修効果を高めるため合宿研修を取り入れている。また、ここ数年、障害者疑似体験など障害者施策に関する研修に力を注いでいる。

(ア) 新採用職員研修

採用人数の関係等により、自ら新採用職員研修を実施することが困難な地方機関に採用された職員を主な対象として、公務員倫理、公務員制度の解説、応接とマナーの科目を中心に実施した。

(イ) 中堅係員研修

将来の職場のリーダーとして必要な能力の向上を目的として、コミュニケーションスキル、プレゼンテーションなどを中心に実施した。

(ウ) 係長研修

職場のリーダーとして必要な能力の付与を目的として、コーチング、リーダーシップ、メンタルヘルス対策などの科目を中心に実施した。

(エ) 管理監督者研修(課長補佐研修・課長研修)

新たな行政需要に的確に対応し得る地方機関の幹部職員の養成を目的として、管理監督者の役割に関する科目を中心に実施した。また、異分野交流を図るため、民間企業からの参加を得て行ったものもある。

イ テーマ別研修

クレーム対応、高齢者・障害者に対するボランティア活動など特定のテーマを取り上げて研究、体験するテーマ別研修を実施した。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority