前(節)へ 次(節)へ

人事院の所掌事務及び組織


人事院は、国家公務員法に基づき昭和23年12月に創立された中央人事行政機関であり、@公務員人事管理の公正性を確保すること、A労働基本権制約に対する代償として職員の利益の保護を図ること、及びB人事行政の専門機関として、社会一般の情勢に的確に対応した施策を推進し、国民から信頼される効率的な行政運営を確保することを主な使命としており、このため内閣の所轄の下において強い独立性と中立性を与えられている。

人事院は、その役割を果たすため、

を目標として、時代の要請に応える人事行政の実現に努めている。
前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority