前(節)へ 次(節)へ

第2編 《国家公務員倫理審査会の業務》

【第1部】 特集 倫理法・倫理規程の10年と今後の展望


  平成11年8月13日、倫理法が公布され、同法及び国家公務員法に基づき、職員の職務に係る倫理の保持に関する事務を所掌する機関として、人事院に倫理審査会が設置されてから10年が経過することとなった。この機を捉え、倫理審査会では、平成21年度を倫理法制定10周年と位置付け、全国4都市における国家公務員倫理法制定10周年記念セミナーの開催、研修教材パッケージ「公務員倫理」の開発、倫理規程事例集の作成・配布など、様々な事業を展開した。さらに、倫理法の制定から現在までの10年間を総括し、将来を展望するための資料として、「公務員倫理の確立に向けて−国家公務員倫理法の10年−」を編さんした。以下に掲載するのは、同誌の中核をなす「国家公務員倫理審査会の10年間の活動と今後の展望」の第7章「倫理法・倫理規程の10年と今後の展望」の部分である。なお、掲載に当たっては、本年度の活動や編さん後の状況の変化を踏まえ、必要に応じて加筆・修正を行っている。
前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority