前(節)へ 次(節)へ

第2編 《国家公務員倫理審査会の業務》

【第1部】 特集 倫理法・倫理規程の10年と今後の展望

第2節 今後の展望


  平成12年4月に倫理法・倫理規程が全面施行されてから、10年が経過することとなった。公務員の倫理制度は軌道に乗り、倫理法・倫理規程は、職員と利害関係者との間の不適切な関係の改善に向けて一定の役割を果たしてきており、公務員が遵守すべきルールとして定着しつつあるという声も聞かれるようになった。しかし、一方で、倫理法等違反事案の件数自体は増加傾向にあり、倫理保持の現状を見ると、いまだ一人ひとりの職員に倫理法・倫理規程が行動規準として十分に浸透・定着したとは言い難い状況にある。
  この10年間、倫理審査会は、倫理法等違反を無くし、公務に対する国民の信頼を確保することを目的として、違反事案に対する厳正な対応、職員の研修・啓発活動の推進、公務員と接触する機会の多い民間企業等に対する広報活動、内部通報制度の整備など様々な施策を推進してきた。倫理法制定から10年が経過し、今後は、これまでの施策の効果を検証しつつ、主として次の3つの課題に重点的に取り組んでいきたいと考えている。
前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority