前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第2部】 変革が迫られる国家公務員人事管理

第3章 採用から退職までの視点に立った人事管理

1 基本的な考え方


国家公務員採用試験からの採用者について、各任命権者が、従来から行ってきた採用試験別・採用年次別の人事管理に替えて、どのように育成し、昇進させていくかについての基本的な仕組みを作ることが、当面の最大の課題となる。

採用試験は、採用時の官職に関する能力の検証を行うものであり、採用後の人事管理は、能力・実績に基づいて行うことが原則となることから、従前のように採用試験の種類を過度に重視した人事管理を行うことは適当でない。さらに、在職期間の長期化等を背景として、これまでのような昇進管理、退職管理を前提とした人事管理自体が立ち行かなくなることが想定される。

したがって、意欲と能力のある優秀な職員については、採用試験の種類に関わらず、幹部候補者として、積極的に登用し、計画的に育成していく一方で、登用後における選抜を強化し、メリハリを持った昇進管理を行うことを、能力・実績に基づく人事管理を実現していく上での基本とすべきである。


前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority