前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】 平成22年度業務状況

第2章 人材の育成

第2節 役職段階別研修

3 地方機関職員研修

人事院各地方事務局(所)では、管内の各府省の地方機関の実情を踏まえつつ、役職段階別に求められる能力、資質等を向上させるとともに、国民全体の奉仕者としての使命感と職責を確かなものとし、併せて政府職員としての一体感を培うことを目的とする役職段階別の研修、行政運営の在り方及び幹部行政官として求められる倫理観を考察させることを目的とする幹部行政官セミナーを実施している。これらの研修では、各役職段階に必要な基本的知識等を付与する科目のほか、近年の公務を取り巻く諸情勢を踏まえた科目を取り入れている(表2−4)。

表2-4 平成22 年度地方機関職員研修実施状況
(1) 新採用職員研修

各府省の地方機関に採用された職員を対象として、公務員としての心構え、公務員倫理、公務員制度の解説などの科目を中心に実施した。

(2) 中堅係員研修

一定の職務経験を積んだ中堅の係員を対象として、将来の職場のリーダーとしての心構え、中堅係員に共通して求められる能力の向上を目的として、公務員倫理、人権研修、情報発信スキルなどの科目を中心に実施した。

(3) 係長研修

各府省地方機関の係長級職員を対象として、将来の中堅幹部としての心構え、職場のリーダーに求められる能力の向上を目的として、公務員倫理、部下の育成、メンタルヘルスなどの科目を中心に実施した。

(4) 管理監督者研修(課長補佐研修・課長研修)

各府省地方機関の課長補佐又は課長を対象として、将来の地方機関における上級幹部職員の養成を目的として、管理監督者の心構えや役割に関する科目を中心に実施した。一部の機関では、異分野交流を図るため、民間企業からの参加を得て実施した。

(5) 幹部行政官セミナー

管区機関の局部長級の職員を対象に、これからの行政と行政官の在り方を基本に立ち返って考え、意識改革を図る幹部行政官セミナーを実施しており、各界の有識者からの講話と講師を交えた意見交換を行った。

平成22年度は6回開催し、99人が参加した(表2−5)。

表2-5 平成22 年度地方機関における幹部行政官セミナー実施状況

前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority