前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】 平成22年度業務状況

第5章 職員の勤務環境等

第6節 災害補償

1 災害補償の制度改正等

(1) 公務上疾病の例示内容の見直し

労働者災害補償保険制度の動向を踏まえ、公務上の疾病として例示されている内容を見直すため規則等の改正を行い、平成22年7月1日から施行した(規則16−0(職員の災害補償)等の一部改正)。

(2) 外貌の醜状障害についての障害等級の見直し

労働者災害補償保険制度の動向を踏まえ、外貌の醜状障害に係る障害等級について、女性の等級を基本として、性別に関わらない障害等級にするとともに、医療技術の進展を踏まえて新たな等級を設定するため規則等の改正を行い、平成23年2月15日から施行した。ただし、障害等級の引上げについては、平成22年6月10日以後に補償事由の発生したものに適用することとした(規則16−0等の一部改正)。

(3) 給付水準等の改正

次の事項について改正を行い、平成22年4月1日から施行した。

ア 介護補償

介護補償の最高限度額及び最低保障額を次のように改正した(規則16−0の一部改正)。

介護補償の改正
イ 平均給与額の最低保障額等

一般職の国家公務員の給与水準の変動等に対応して、次の事項について改正を行った。

  • (ア) 平均給与額の最低保障額(平成8年人事院公示第11号の一部改正)
  • (イ) 年金たる補償等に係る平成22年度の補償額の算定に用いる平均給与額の改定率(平成2年人事院公示第8号の一部改正)
  • (ウ) 平成22年度の年金たる補償等に係る平均給与額の最低限度額及び最高限度額(平成4年人事院公示第6号の一部改正)
  • (エ) 平成22年度の遺族補償一時金等の算定における既支給額の再評価率(平成4年人事院公示第7号の一部改正)

前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority