前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第2部】 幹部職員等の育成と選抜

第1章 我が国における幹部職員等の育成・選抜の実態

第1節 各府省における昇進選抜の実態

3 旧Ⅰ種採用技術系職員の昇進実態

本府省の技官の人事グループに所属する旧国家公務員採用Ⅰ種試験の技術系区分(理工Ⅰ・Ⅱ等)の採用者(以下第2部において「旧Ⅰ種採用技術系職員」という。)では、旧Ⅰ種採用事務系職員に比べ、課長補佐級昇任までの間は全国各地の工事事務所や行政執行にあたる法人での勤務といった現場での勤務経験が比較的多い。これまでの昇進実態では、多くの府省では課長補佐級への昇任までは旧Ⅰ種採用事務系職員とおおむね同様のペースで昇進しているが、旧Ⅰ種採用事務系職員に比べ、本府省課長級以上の管理職や幹部職に昇任しない者も多く、昇任までの勤務年数も長くなっている。これは現場を抱える旧Ⅰ種採用技術系職員の採用数が比較的多いこととともに、旧Ⅰ種採用事務系職員に比べて専門分野が多岐にわたっており、通例配置される管理職以上のポストの数が相対的に限られるためと考えられる。

図3 旧Ⅰ種採用技術系職員の昇進実態(イメージ)

前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority