前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】  平成24年度業務状況

第2章 人材の育成

第2節 役職段階別研修

2 昇任時相談窓口等体験研修

原則として直近1年間に本府省審議官級に昇任した職員を対象に、消費者・生活者を主役とする行政を担う国家公務員としての意識改革を図るとともに、今後の行政や公務員の在り方について考える契機とすることを目的として消費者庁と共催で実施しているものであり、消費者基本計画(平成22年3月閣議決定)の施策の一つとして位置づけられている。

本研修は、①消費者問題に造詣の深い有識者による基調講演を聴講する「事前研修」、②消費生活センター等7種類の相談窓口機関のいずれかに赴いて、消費者・生活者の声に触れる業務を体験する「業務体験研修」、③研修参加者同士の意見交換や、幹部行政官経験者の講話を聴講する「事後研修」により構成されている。平成24年度は、3回に分けて実施し、17府省から64人が参加した。


前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority