前(節)へ 次(節)へ

第1編 《人事行政》

【第3部】 平成26年度業務状況

第2章 人材の育成

第3節 派遣研修

2 国内研究員制度

本制度は、複雑かつ高度化する行政に対応し得る専門的な知識、技能等を有する行政官の育成を図ることを目的に、各府省の行政官を国内の大学院等に派遣し、研究に従事させる制度である。

平成26年度においては、以下のコースによる派遣を行った。

(1)行政官国内研究員制度(博士課程コース)

本コースは、各府省の行政官を3年間を限度として、国内の大学院の博士課程に派遣し研究に従事させる制度である。

派遣される研究員は、在職期間が2年以上おおむね25年未満で、かつ、職務の級が行政職俸給表(一)の2級から9級まで(他の俸給表についてはこれに相当する級)の行政官で、各府省の長が推薦する者のうちから、人事院の選抜審査及び大学院の入学試験を経て決定される。

平成26年度は、3人を派遣した(表2−8)。

(2)行政官国内研究員制度(修士課程コース)

本コースは、各府省の行政官を2年間を限度として、国内の大学院の修士課程に派遣し研究に従事させる制度である。

派遣される研究員は、在職期間が2年以上おおむね18年未満で、かつ、職務の級が行政職俸給表(一)の1級から6級まで(他の俸給表についてはこれに相当する級)の行政官で、各府省の長が推薦する者のうちから、人事院の選抜審査及び大学院の入学試験を経て決定される。

平成26年度は、18人を派遣した(表2−8)。

表2−8 平成26年度行政官国内研究員(博士課程コース修士課程コース)派遣状況
表2−8 平成26年度行政官国内研究員(博士課程コース・修士課程コース)派遣状況のCSVファイルはこちら


前(節)へ 次(節)へ
©National Personnel Authority