TOP 人事院近畿事務局の業務案内 国家公務員採用試験情報 こころの健康相談室 職員からの苦情相談 職員の研修 リンク集

国家公務員のためのこころの健康相談室

 

    こころの健康相談室予約状況  

  ストレスの体への影響をチェック   

私達が日々さらされているストレスとうまくつき合うためには、ストレスサインに早めに気づいて対処することがポイントです。
次の項目についてチェックしてみましょう。あなたの状態を最もよく表している段階の番号に1つだけ○をつけてください。

 各段階の番号は、そういう症状の全くない場合は「0」、たまにある場合は「1」、よくある場合は「2」、いつもある場合は「3」というようにチェックしてください。
 全20項目の数字そのまま点数にして、その合計があなたのストレス点数になります。

No.

チェック項目

 いいえ         いつも

目が疲れやすい

 0    1    2    3

首や肩がこって困る

 0    1    2    3

頭がぼんやりしている

 0    1    2    3

かぜをひきやすい

 0    1    2    3

全身がだるい

 0    1    2    3

胸が苦しいことがある

 0    1    2    3

めまいや耳なりがする

 0    1    2    3

ひや汗がでる

 0    1    2    3

便秘で悩んでいる

 0    1    2    3

10

よく眠れなくて困る

 0    1    2    3

11

気分が沈んでゆううつである

 0    1    2    3

12

物事に集中しにくい

 0    1    2    3

13

気分がイライラする

 0    1    2    3

14

自信がない

 0    1    2    3

15

考えがまとまりにくい

 0    1    2    3

16

気が散って困る

 0    1    2    3

17

気にかかることが多い

 0    1    2    3

18

物忘れする

 0    1    2    3

19

ミスをする

 0    1    2    3

20

ひとりでいたいと思う

 0    1    2    3

 

 

診断

点数

アドバイス

 0〜19

現在の生活にうまく適応できています。
この調子をくずさないように続けましょう。

20〜27

ストレスが少したまり気味のようです。
積極的なリフレッシュタイムをお勧めします。

28〜35

多忙、疲労でストレスがかなりたまっているようです。
休養を工夫してストレス解消をはかりましょう。

36〜60

ストレス過剰による心身の不調が考えられます。
ストレス病にかかっていないかどうか相談されることをお勧めします。

 ストレスがたまっていると感じた方、職場や家庭などのことで悩み事のある方は、
こころの健康相談室へお気軽にご相談ください。