人事院規則9−123(本府省業務調整手当)の一部改正について
 
1 趣旨及び概要
  給与制度の総合的見直しの一環として、平成30年度までに、係長級及び係員級の手当額について、それぞれ基準となる俸給月額の6%相当額、同4%相当額に引き上げることとしており、以下のとおり、平成28年4月1日及び平成29年4月1日においてその引上げの一部を実施する。
 @ 平成28年4月1日における改正
   係長級及び係員級の手当額について、それぞれ基準となる俸給月額の4.5 %相当額、同2.5%相当額に引き上げる。
 A 平成29年4月1日における改正
   係長級及び係員級の手当額について、それぞれ基準となる俸給月額の5.5 %相当額、同3.5%相当額に引き上げる。
 
2 公布日
  平成28年11月24日
  
3 施行日
@の改正については、平成28年11月24日(平成28年4月1日から適用)
Aの改正については、平成29年4月1日
 
4 担当
  給与局給与第三課