人事院規則15―15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の一部改正について
 
1.趣旨及び概要
民間労働法制における育児・介護との両立支援制度の改正に即して、介護を行う非常勤職員が要介護者ごとに、連続する3年の期間内において1日の勤務時間の一部につき勤務しないことが相当であると認められる場合の休暇の新設その他所要の改正を行う。
 
2.公布日
平成28年12月1日
 
3.施行日
平成29年1月1日
 
4.担当
職員福祉局職員福祉課