人事院規則9―142(平成28年改正法の施行に伴う給与の支給等の特例)の制定について
 
1 趣旨及び概要
平成26年改正法附則第7条の規定による俸給(経過措置額)を受け、当該俸給の1.5%が減ぜられている職員の給与の支給等に関し、俸給表の遡及改定に伴う各給与費目の計算過程の端数処理に起因して生ずる不利益等を防止するための特例措置を講ずる。
 
2 公布日及び施行日
平成28年11月24日
 
3 担当
給与局給与第二課・給与局給与第三課