人事院規則15―14(職員の勤務時間、休日及び休暇)の一部改正について
 
1.趣旨及び概要
金融庁において、災害による緊急事態が生じた場合の初動体制を強化し、平日夜間や閉庁日においても職員を官署に常駐させ、災害発生に係る緊急業務に備えることとなったため、当該業務について当直勤務として行うことを認め、所要の改正を行う。
 
2.公布日
平成29年7月7日
 
3.施行日
平成29年7月7日
 
4.担当
職員福祉局職員福祉課