人事院規則19―0(職員の育児休業等)の一部を改正する人事院規則
 
1.趣旨及び概要
非常勤職員の育児休業について、特別の事情がある場合には例外的に2歳に達するまで休業できるよう措置した国家公務員の育児休業等に関する法律の改正に伴い、同法の委任に基づいて具体的要件を定める等の所要の改正を行う。
  
 
2.公布日
平成29年9月15日
 
3.施行日
平成29年10月1日
 
4.担当
職員福祉局職員福祉課