人事院規則9―8(初任給、昇格、昇給等の基準)の一部改正について
 
1 趣旨及び概要
@ 6年制課程の薬学部を基礎とする4年制薬学博士課程の修了者は、通常の博士課程修了者よりも義務教育以降の通算修学年数が1年多くなることから、同様の課程構成をとる医学又は歯学の博士課程修了者と同様に初任給の級・号俸の調整等ができるよう、所要の改正を行う。
 
A 「義務教育学校」を新設すること等を内容とする学校教育法等の一部を改正する法律(平成27年法律第46号)の施行に伴い、所要の改正を行う。
 
2 公布日
  平成28年3月1日
 
3 施行日
  @の改正については、平成28年3月1日、Aの改正については、同年4月1日
  
4 担当
  給与局給与第二課