給実甲第1215号(給実甲第326号(人事院規則9―8(初任給、昇格、昇給等の基準)の運用について)の一部改正について)
 
1.趣旨及び概要
  評価終了日以前1年間の6分の1又は2分の1に相当する期間の日数以上の日数を勤務していない職員については、昇給区分をD又はEに決定することとされている。平成28年人事院指令14−1(平成28年熊本地震の被害に伴う職員の職務に専念する義務の免除に関する臨時措置について)の施行に伴い、当該人事院指令第1項の規定による勤務しないことの承認を、その勤務しなかった期間として取り扱わない「人事院の定める事由」として規定する。
 
2.発出日
  平成28年4月19日
 
3.施行日
  平成28年4月19日
 
4.担当
  給与局給与第二課