人事院規則15―15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の運用について(平成6年職職―329)の一部改正について
 
1.趣旨及び概要
人事院規則15―15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の一部改正(平成29年1月1日)施行)に伴い、当該改正の施行日前に要介護者の介護を行う場合の休暇を取得したことがある非常勤職員が、施行日後に当該休暇と要介護者を同じくする休暇を取得する場合の経過措置を規定するものである。
 
2.発出日
平成28年12月19日
 
3.施行日
平成29年1月1日
 
4.担当
職員福祉局職員福祉課