「人事院規則1−45(人事・給与関係業務情報システムを使用する場合の人事関係手続の特例)の運用について」の一部改正について
 
 
1 趣旨及び概要
人事給与業務効率化に向けた改善計画において示されたとおり、各種届出の電子申請の推進のため、人給システムを使用することができない職員の届出等については、担当者が当該職員に代わってシステムに入力したものも当該職員が届出等したものと同様の制度的な取扱いを行うことが可能となるよう運用通知を一部改正する。
 
2 発出日
  平成29年2月1日
 
3 施行日
  平成29年2月27日
 
4 担 当
  事務総局参事官(電子化推進室)