給実甲第1221号(給実甲第326号(人事院規則9―8(初任給、昇給、昇格等の基準)の運用について)の一部改正について)
 
1.趣旨及び概要
昇給区分の決定に当たって、昇給の勤務成績判定期間における要勤務日数の6分の1以上の日数を勤務していない場合は下位の昇給区分に決定することとされているが、新たに創設される介護時間の承認を受けて勤務しなかった時間については、人事院規則9―8第37条第4項第1号及び第2号の「人事院の定める事由」に追加することにより、「勤務していない日数」として取り扱わないこととし、あわせて、育児休業及び介護休暇も同様の取扱いとするよう規定を改正する。
 
2.発出日
平成28年12月1日
 
3.施行日
平成29年1月1日
 
4.担当
給与局給与第二課