平成4年人事院公示第6号(長期療養者の休業補償又は年金たる補償に係る平均給与額の最低限度額及び最高限度額に関し、決定した件)
(平成4年3月27日)
 
最終改正:平成30年3月30日人事院公示第4号
 
 人事院は、国家公務員災害補償法(昭和26年法律第191号)第4条の3第1項及び第4条の4第1項の規定に基づき、長期療養者の休業補償又は年金たる補償に係る平均給与額の最低限度額及び最高限度額に関し、次のとおり決定した。
 
1 長期療養者の休業補償又は年金たる補償に係る平均給与額の最低限度額及び最高限度額は、別表のとおりとする。
2 この決定は、平成4年4月1日から効力を発生する。
3 平成2年人事院公示第9号は、廃止する。
 
別表
年齢階層 最低限度額(円) 最高限度額(円)
20歳未満 4,748 13,284
20歳以上25歳未満 5,377 13,284
25歳以上30歳未満 5,967 14,255
30歳以上35歳未満 6,304 17,353
35歳以上40歳未満 6,673 19,286
40歳以上45歳未満 6,926 21,393
45歳以上50歳未満 7,020 23,905
50歳以上55歳未満 6,812 25,257
55歳以上60歳未満 6,313 24,859
60歳以上65歳未満 5,142 19,726
65歳以上70歳未満 3,930 15,291
70歳以上 3,930 13,284