昭和56年人事院公示第9号(外科後処置を行う施設の指定に関し決定した件)
(昭和56年10月31日)
 
最終改正:平成28年3月31日人事院公示第9号
 
 人事院は、人事院規則16—3(災害を受けた職員の福祉事業)第6条第1項の規定に基づき、外科後処置を行う施設の指定に関し、次のとおり決定した。
 
1 外科後処置を行う施設として、独立行政法人労働者健康安全機構が設置する次の施設を指定する。


































 
名称 位置
北海道中央労災病院
北海道中央労災病院せき損センター
釧路労災病院
青森労災病院
東北労災病院
秋田労災病院
福島労災病院
鹿島労災病院
千葉労災病院
東京労災病院
横浜労災病院
関東労災病院
燕労災病院
新潟労災病院
富山労災病院
浜松労災病院
中部労災病院
旭労災病院
大阪労災病院
関西労災病院
神戸労災病院
和歌山労災病院
山陰労災病院
岡山労災病院
中国労災病院
山口労災病院
香川労災病院
愛媛労災病院
九州労災病院
九州労災病院門司メディカルセンター
長崎労災病院
熊本労災病院
吉備高原医療リハビリテーションセンター
総合せき損センター
岩見沢市
美唄市
釧路市
八戸市
仙台市
大館市
いわき市
神栖市
市原市
東京都大田区
横浜市
川崎市
燕市
上越市
魚津市
浜松市
名古屋市
尾張旭市
堺市
尼崎市
神戸市
和歌山市
米子市
岡山市
呉市
山陽小野田市
丸亀市
新居浜市
北九州市
北九州市
佐世保市
八代市
岡山県加賀郡吉備中央町
飯塚市
 
2 この指定は、昭和56年11月1日から効力を発生する。
3 昭和48年人事院公示第12号は、廃止する。