平成28年5月20日

平成27年度年次報告書について


 人事院は、国家公務員法第24条の規定に基づき、毎年、国会と内閣に対して、業務状況等の報告を行うこととされており、今般、平成27年度の業務状況等の報告を行いました。

 第1編第2部では、「在職状況(年齢別人員構成)の変化と人事管理への影響」と題し、国家公務員の在職状況に偏りが生じてきている要因、とりわけ若年層が極端に少ない人員構成が各府省の人事管理や業務遂行に与える影響、それに対する各府省の取組について考察し、能率的で活力ある公務組織を維持していくための対応について記述しています。


本報告書の構成
第1編 《人事行政》
 第1部 人事行政この1年の主な動き
 第2部 在職状況(年齢別人員構成)の変化と人事管理への影響
 第3部 平成27年度業務状況
第2編 《国家公務員倫理審査会の業務》

 

  報告書の概要は、こちら(PDF形式/592KB)
平成27年度年次報告書(PDF版)は、こちら  

←トップページへ
←報道発表一覧へ