平成28年9月21

「霞が関特別講演(後期)」及び

「女性のための霞が関特別講演」の開催について

〜 最前線の行政官が語る霞が関 〜

 

 人事院は、9月29日(木)から12月6日(火)にかけて、主に大学生、大学院生を対象とした啓発活動として、東京都のほか全国の7大学において、霞が関特別講演(後期)及び女性のための霞が関特別講演を延べ43講演実施します。

 特に、今期は、京都大学(従来は前期のみ)・岡山大学において初めて開催します。

 特別講演は、各府省の最前線で活躍する行政官(女性のための霞が関特別講演の場合は女性行政官)が、我が国の重要な政策課題について、様々な経験を踏まえて幅広い視点から分かりやすく学生に対して語るもので、国民全体の奉仕者としての仕事の魅力や勤務の実情等について理解と関心を深めてもらうことなどを目的として行っています。

 

○ 日時及び会場

 1 霞が関特別講演(後期)

  ・ 東京大学    計16講演   平成2810月4日(火)〜1129日(火)

  ・ 早稲田大学   計6講演   平成28年9月29日(木)〜1013日(木)

  ・ 北海道大学   計3講演   平成281112日(土)

  ・ 東北大学    計3講演   平成2811月5日(土)

・ 京都大学    計6講演   平成281118日(金)〜12月2日(金)

  ・ 岡山大学    計3講演   平成281119日(土)

   (参加予定府省は資料1を参照)

 

2 女性のための霞が関特別講演

 ・ 早稲田大学   計4講演   平成281020日(木)・1027日(木)

 ・ 上智大学    計2講演   平成2812月6日(火)

  (参加予定府省は資料2を参照)

 

○ 内容

  各講演については、各府省における重要な政策課題をテーマとして1時間(質疑応答15分程度を含む)行います。(1日につき2〜3講演)

 

○ 昨年度の様子                     

         

・ 霞が関特別講演(後期)・ 女性のための霞が関特別講演 
  

 

(注)霞が関特別講演(前期)は、毎年4月〜6月に開催しています。

(平成28年度は全国5大学で延べ38講演)

 

 

以   上

 

 

問合せ先

 人事院人材局企画課人材確保対策室長 山根 浩二

          人事交流企画官  谷内 絵理

         電話(033581-5311(内線2312

           (033581-7722(直通)

 


←トップページへ
←報道発表一覧へ