女性のための公務研究セミナー(近畿地区)を開催しました。

1月19日(金)、京都大学吉田キャンパスにおいて、女性のための公務研究セミナー(京都地区)を開催しました。
 当日は、最初に各府省のPR講演(1府省あたり3分程度)を聞いていただき、その後、興味を持ったブースを回っていただくようにしました。各府省のブースでは、本府省の業務概要、仕事のやりがい、ワークライフバランスなどの説明が行われ、多くのブースで活発な質疑応答が行われる姿も見られました。

 また、一宮なほみ人事院総裁の講演では、女性国家公務員の先輩としての立場から、自身の体験に基づくアドバイスなど、直接参加者の皆さんにメッセージが届けられました。

アンケートに寄せられた参加者の感想をいくつかご紹介します。

・ 総裁のお話を直接聞くことができる非常に貴重な機会でした。
・ すべての省庁のPR講演を聞くことができたので、今まであまり目を向けられていなかった省庁の説明も聞いてみたいと興味がわいた。
・ 「女性のための」公務研究セミナーということで、職業選択を行う際に重視しているワークライフバランスについて知ることができ、とてもよかった。
・ 職員の方々の熱い思いにふれることができ、私も一員になりたいと強く思った。
・ 興味をもっていた省庁の話を聞けたこと、今まで興味をもっていなかった省庁に新たに興味をもてたこと、自分が働く姿を具体的にイメージできたことが良かった。

最終的には約130人の方にご来場いただき、大変盛況なセミナーとなりました。

 なお、女性のための公務研究セミナーは、2月9日(金)にお茶の水女子大学でも開催します。
 当日は、一宮なほみ人事院総裁が直接みなさんにメッセージをお届けするプログラムも予定しています。
 セミナーへのご参加、お待ちしています。


個別ブースの様子