採用情報に関するQ&A

  Q 最終合格すれば採用されますか。
  Q 官庁訪問とは何ですか。
  Q 官庁訪問のスケジュールはどのようになっていますか。
  Q クール制とは何ですか。 
  Q 官庁訪問開始前は、各府省等の情報はどのように入手すればよいですか。
  Q 業務説明会に参加しなかったことで、官庁訪問で不利に扱われることはありませんか。 
  Q 官庁訪問時には、上着及びネクタイを着用しなければいけませんか。 
  Q 採用候補者名簿の有効期間はどれくらいですか。 
  Q 総合職試験、一般職試験(大卒程度試験)の場合、採用希望時期を延期することはできますか。 
  Q 一般職試験(大卒程度試験)「行政」の区分で本府省への採用を希望しているのですが。 
  Q 最終合格後、採用を希望している複数の府省等の面接を受けることができますか。 
 
 
 Q 最終合格すれば採用されますか。

 A
 国家公務員採用試験に合格すると、候補者名簿に記載され、各府省等は採用候補者の中から採用面接等
  を行い採用者を決定します。また、各採用試験の最終合格者については、採用予定数より多くなっています。
  候補者の中の誰を採用するかについて、各府省等は、多様な人材を確保するため、人物重視の観点に立って
  採用者を決定していますので、今までの経験や培った能力、仕事に対する意欲などを示して、自己PRし、採用
  に結びつく努力をする事が必要になりますので、積極的に官庁訪問をすることが大切です。


 このページのトップへ
 
 Q 官庁訪問とは何ですか。

 A
 官庁訪問は、受験者が、志望官庁を訪問し、業務説明や面接を受けたりするもので、志望府省等に採用され
  るための重要なステップです。
    各府省等は官庁訪問を通じて、各府省等にとって適した人材であるかどうか、行政に対する意欲がどの程度
  あるかなどを見ます。受験者にとっては、府省等の情報を得るとともに、積極的にPRできる場であり、この過程
  を経て、各府省等(任命権者)から内々定を得ることとなります。
    なお、総合職試験及び一般職試験(大卒程度試験)の官庁訪問のルールについては、「平成29年度大学等卒
  業予定者等の採用について」(平成29年2月8日(水)各省庁人事担当課長会議申合せ)により定められていま
  す。その他の官庁訪問に関する情報については、こちら(「総合職試験」、「一般職試験(大卒程度試験)」)に掲
  載していますので、ご覧ください。   


 このページのトップへ
  
 Q 官庁訪問のスケジュールはどのようになっていますか。

 A <総合職春試験の場合>
  平成29年度総合職春試験受験者の官庁訪問の開始は、7月5日(水)の午前8時30分以降となっています。
  詳しくは、こちらをご覧ください。

   
<一般職試験(大卒程度試験)の場合>
  
平成29年度一般職試験受験者の官庁訪問の開始は、8月24日(木)の午前9時以降となっています。
   詳しくは、こちらをご覧ください。
 

 このページのトップへ
   
 Q クール制とは何ですか。

 A  総合職春試験の官庁訪問については、訪問開始以降、第1クール〜第5クールまでの日程(クール制)で行
  われ、その後、内々定解禁という流れになります。
    第1クール(3日間)及び第2クール(3日間)については、同一省庁への訪問は3日に1回行うこととなってお
  り、この間は、翌日・翌々日の同一省庁への訪問はできません。
    第3クール(2日間)については、同一省庁への訪問は2日に1回行うこととなっており、この間は翌日の同一
  省庁への訪問はできません。
    第3クール(2日間のうち1日目)、第4クール(1日間)及び第5クール(1日間)の各日については、それぞれ
  任意の省庁を訪問することが可能となっています。
    官庁訪問が開始されたら、まずは、第1クールの3日間で、興味のある、あるいは志望する府省等を訪問して
  ください。

 このページのトップへ
  
 Q 官庁訪問開始前は、各府省等の情報はどのように入手すればよいですか。

 A  各府省等の主催する業務説明会や、人事院が主催する官庁合同業務説明会は、各府省等から採用について
  の説明等を受けることができる機会ですので、近くで開かれる説明会に参加して、興味のある、あるいは志望する
  府省等の業務内容及び採用予定等の情報を得ていただくことをおすすめします。
    業務説明会の日程については、各府省等のホームページやこちら(「説明会・セミナー情報」)に掲載しているほ
  か、人事院のメールマガジンによる情報発信も行っています。メールマガジンへの登録については、こちらをご覧く
  ださい。
    また、業務説明会以外にも、各府省等のホームページ等により、情報発信を行っています。
 
 このページのトップへ
  
 Q 業務説明会に参加しなかったことで、官庁訪問で不利に扱われることはありませんか。

 A  業務説明会への参加は任意であり、参加しなくても、そのことを理由に不利益な取扱いはしないこととしていま
   す。また、業務説明会は、採用面接を行うものではありません。

 このページのトップへ
   
 Q 官庁訪問時には、上着及びネクタイを着用しなければいけませんか。

 A 夏の官庁訪問期間中は、節電及び軽装の励行期間となっておりますので、各府省等を訪問される際には、上
  着及びネクタイを着用していなくても差し支えありません。詳しくは、官庁訪問開始日以降、各府省等にお問い合
  わせください。

 このページのトップへ
   
 Q 採用候補者名簿の有効期間はどれくらいですか。

 A 総合職試験、一般職試験(大卒程度試験)は、最終合格発表日から3年間です。
   一般職(高卒者試験、社会人試験(係員級))は、最終合格発表日から1年間です。  

 このページのトップへ
    
 Q 総合職試験、一般職試験(大卒程度試験)の場合、採用希望時期を延期することはできますか。

 A  採用希望時期を延期することができます。
    採用希望時期の延期とは、例えば、学部4年次に総合職試験を受験して、その後、大学院修士課程に進学す
  る合格者から、修士課程を修了する2年後に採用されたいとの希望があった場合に、修士課程修了後に採用候
  補者として各府省等に通知することです。
    ただし、採用希望時期を延期しても、名簿の有効期間は最終合格発表日から3年間です。 

 このページのトップへ
   
 Q 一般職試験(大卒程度試験)「行政」の区分で本府省への採用を希望しているのですが。

 A  一般職試験(大卒程度試験)「行政」の区分は、全国を9地域に分け、その地域に所在する官署の採用を対象
  とする地域別の試験として実施していますが、本府省への採用についてはすべての地域の合格者からも本府省
  への採用が可能となっています。したがって、関東甲信越以外の地域の区分を受験する場合でも、その地域に所
  在する官署と本府省の両方を志望することも可能ですので、受験地域を選ぶ際の参考にしてください。
    詳しくは、「(参考)行政区分の本府省採用に関するQ&A」をご覧ください。

 このページのトップへ
   
 Q 最終合格後、採用を希望している複数の府省等の面接を受けることができますか。

 A  面接を受けることはできます。ただし、ある府省等から採用内定をもらった場合には、速やかに他の府省等の
  人事担当者にその旨の連絡をするようにしてください。採用内定を受けることができるのは、1つの府省等のみ
  です。

 このページのトップへ