職 員 紹 介
  
         
中内大介   袴田知弘   木戸優華
   
特許庁 審査第四部 審査調査室   在中国日本大使館経済部 一等書記官   特許庁 審査第二部 熱機器 審査官
平成18年採用 T種(理工T)   平成16年採用 T種(理工T   平成16年採用 T種(理工T)
 
         
進士千尋   坂田麻智  
   
特許庁 審査第三部 環境化学   特許庁 審査第一部 環境・基盤意匠 審査官  
平成18年採用 T種(理工W)   平成16年採用 T種相当〔意匠学〕  
  

  
中内大介
 
特許庁 審査第四部 審査調査室
 
平成18年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
電気・情報・通信
 
◇ 志望動機は?
 学生時代、将来の自分の働く姿を想像した際に、@世の中と広く関わりを持てる仕事、A日本を支える中小企業の役に立つ仕事、をしたいと考えていました。そうした中、企業からの求めに応じて、企業の競争力の源泉である技術について、その内容を精査し特許権を設定して、それを通じて、広く企業を下支えする特許庁の仕事は、自分が目指す姿にぴったりだと思い、特許庁を志望しました。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 入庁後、まず、ソフトウエア特許やビジネスモデル特許の審査に従事しました。新しい分野の審査で、どのようにそうした技術を保護していくべきか、先輩や同僚と議論し特許権の設定を行っていました。その後、経済産業省のIT産業を所管する部署で、IT産業の法的課題に取り組んでいました。この若い業界に生じる様々な法的課題に、産業界の方と共に取り組むことは刺激的でやりがいのあるものでした。
 2年後、審査官に復帰し、日本が世界をリードするイメージセンサの特許審査を担当しました。その後、米国の大学で法律を学ぶ機会を得て、法的な知見を深めると共に、世界各地に学生生活の苦楽を共にしたかけがえのない友人を得ることができました。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在、電気・情報・通信分野の技術について、円滑かつ安定的に特許権を設定すべく、各種取り組みを行っています。まず、審査業務を滞りなく進めるための審査の進捗管理、技術の動向を調査する技術動向調査、そして、企業との意見交換を通じ、我々の取り組みを周知すると共に企業のニーズの把握に努めています。特に、第4次産業革命が進展する中、IoT、AI、ビッグデータ等の新たな技術分野に対し、そうした技術をどのように保護し、日本企業の競争力を高めていくかは、チャレンジングでやりがいのある課題です。産業界とも連携しながら、日本の未来図を描いていきたいです。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 特許の審査はもちろんのこと、施策の立案についても、技術的知識が必要不可欠です。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 審査業務と知財行政に関わる業務はかなり仕事の内容が違いますが、それぞれに異なる面白み、やりがいがあると思っています。審査業務は専門性が高いという点でやりがいを感じますし、知財行政に関わる業務では、審査業務では得られない知見を得ることができる点に面白みを感じます。色々な業務を経験できるという点も特許庁の業務の業務の面白みの一つだと思います。 
 
 (平成28年11月)

  
袴田知弘
 
在中国日本大使館経済部 一等書記官
 
平成16年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
土木工学
 
◇ 志望動機は?
 在学中に学んだ理工系の知識を活かせそうな点に魅力を感じ、特許庁を志望しました。
 自分には一人でこつこつと作業する仕事が向いていると思っていたので、その意味でも特許審査官は自分に合っていると考えていました。(ところがいざ入庁してみると、海外留学、出向、海外赴任、と様々な経験を積む機会に恵まれました。そこで結局考えを改めて色々なチャレンジをすることにしました。)
  
◇ 採用後の経歴は?
 採用後数年は特許の審査をする部署に配属となりました。
 特許審査以外にも、特許庁のIT環境整備に関わる部署等を経つつ、2011年7月から1年間、職場の制度を利用してカリフォルニア大学サンタバーバラ校に留学し、地震学の勉強をしました。
 その後、2012年に経済産業省本省に出向となり、日本企業の模倣品対策を支援する部署に配属となりました。ここでは個別企業へのアドバイス、他国政府への制度改善要請等に従事しました。
 そして2014年から、在中国日本大使館(北京)に出向となりました。中国政府との諸々の調整、他国からの駐在員との情報交換、日系企業への支援等に従事しています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 在中国日本大使館では、日中両国政府間で行われる会議の調整等を行っています。例えば、中国人スタッフの力も借りながら、一方からの打診や質問を翻訳し、他方に伝達しています。こう書くと実に単純なようですが、調整を進めていくと、日本と中国それぞれに独特の流儀があることに気づきます。その食い違いを自分のところでうまく整理しさばいていくという点に奥深さを感じています。
 また、現地の日系企業の方々との交流も重要です。ビジネストラブルを抱えて相談にいらした企業の方には、法的なアドバイスをしたり、時には中国政府への要請を支援したりします。また、特命全権大使に随行して日系企業主催のイベントに参加させて頂くこと等もあります。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 特許審査では、審査対象となる発明の内容を理解する上で、学生時代に学んだ理工系の基礎知識が大いに活かせました。ただ、それだけでは足りないので、知財に関係する法的知識を徹底的に勉強することになりました。その法的知識は、庁内IT環境整備や経産省での模倣品対策支援業務に大いに役立ちました。模倣品対策支援業務では、海外諸国(中国ほか)の知財制度についての知見が深まり、それが中国に赴任してからも役に立っています。このように、常に業務を通じて新たな専門性が積み重なり、それが次に繋がっていっていると実感しています。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 知的財産制度は、ほとんど全ての業種に何らかの形で関わるものであり、特に技術立国を目指す日本のような国にとって大変重要なインフラであるといえます。自分は知財の専門家であると言えることは誇らしいことだと感じますし、また、胸を張ってそう言えるように研鑽を積み続けなければならないという使命感も感じています。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 新規ポストに着任した直後は、例えば企業の方からビジネストラブルに関する相談をお受けする場合など、まずは一旦ひきとって、関連する法律等を勉強してからお答えしていました。そうした経験が積み重なって、似たような事案に接した際、資料を確認するまでもなく迅速に適切な回答ができるようなケースが増えてきたとき、業務に精通してきたという手ごたえを感じられました。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 ワーク・ライフ・バランスは大変重要だと思っています。業務上重要なイベントの直前に休暇をとるのは難しいですが、そうではない時期にはなるべく早く帰って家族と過ごせる時間を作るようにしています。
 また、海外で生活するときには、その国でしかできないことに積極的に取り組むようにしています。米国留学時は、休日を利用してグランドキャニオンを見に行ったり、カリフォルニアワインをあれこれ飲み比べたりしました。中国でも家族で上海、蘇州、桂林、大連、大同などを旅行し、日本では中々食べられないような中華料理にチャレンジしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 私のキャリアパスの根幹はやはり特許の審査なので、今後とも継続的に関わっていきたいと思います。その延長で、知財に関するアカデミックな議論の進展には大いに興味がありますし、政府の立場からそこに関わっていけたら面白いかも知れません。 
 
 (平成28年11月)

  
木戸優華
 
特許庁 審査第二部 熱機器 審査官
 
平成16年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
建築学
 
◇ 志望動機は?
 国家公務員を志したのは、大きな組織で沢山の優秀な人に囲まれて仕事がしたいと思ったからです。周りの人が勧めてくれたことも後押しとなりました。
 その中でも特に特許庁を希望したのは、特許審査官という国家T種の中で珍しく専門性の高い仕事ができることに魅力を感じたからです。就職活動を進めていくうちに、特許審査官には技術的な素養は勿論のこと、法律の理解や、論理的な文章の作成など、文系的な要素も求められると知り、文系理系両方の科目を好きだった自分に合っていると感じました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 特許審査官として採用された後は、指導審査官となる上司から一対一で業務を教わることができます(入庁前の学歴・職歴等によって変わりますが私の場合は4年間でした)。特許出願の審査を行うには、法律の理解はもとより、審査基準を遵守し、担当している技術分野にも精通しなければなりません。それは一朝一夕に養われるものではなく、この一対一で教わるというシステムが不可欠となります。一人前の審査官になった後は、私自身も4人の後輩を教えました。
 他にも、国際特許分類(IPC)を改正するために庁の代表として他国と交渉したり、約1700人からなる特許審査官が日々邁進している審査の質を、組織的に向上させるための施策に携わるなどの業務を行ってきました。 
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 学会や展示会への参加、出張、庁内外で行われる研修等への参加などにより、審査に必要とされる知識の向上に日々努めています。また、必要に応じて出願人、発明者とお会いし、実案件ベースで技術的な話し合いをすることもあります。
 特許庁の中には審査以外の業務も沢山ありますが、私が所属していた品質管理室を例に挙げると、年度計画・半期毎のレビューが毎年行われており、それに沿って新しい施策の検討、継続的な施策のリバイスが行われます。また、審査の質を維持・向上させるための各種施策について、特許庁として世界で初めて外部有識者からの意見を取り入れており、ご意見を頂く委員会の開催およびそのための準備も重要な業務の一つです。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 現在は、機械系の出願の審査を行う仕事をしています。大学での専門は建築学ですので、直接的に関係しているわけではありませんが、自然法則に反していないかを瞬間的に判断する力や、いくつかの図面を組み合わせて立体を頭の中で想い描く力、膨大な資料の中からいま必要としているものだけを探し出す力などは、元をただせば大学時代から少しずつ培われてきたのではないかと感じています。ただ、社会人として一番重要なのは専門性に基づいた「応用力」ではないかと思っています。仕事とは、新しいことへの挑戦の連続です。そのときに過去の経験を如何に活かせるかは自分次第ではないでしょうか。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 業務の中で、日本とある国との制度比較の調査研究を担当することになりました。初めての経験でしたが、外部の業者に委託して行うものなので、通常業務にプラスであってもさほど負担はないと当初は軽く考えていました。しかし実際には、具体的な調査手法やその比較結果の判断には専門的な知識が欠かせず、具体的な指示を出さないと何も進みません。その一方で、外部有識者の先生を交えた会合(数回開催)では、その度に一定程度の成果が求められます。業者との打ち合わせは毎回数時間に及び、途中で行き詰まっては軌道修正の繰り返し。そんな中で、担当の先輩とアイデアを捻出し、互いにサポートし合いながら準備を重ねました。先の見えない不安の中でもがいてきたので、なんとか報告書が出来上がった際には安堵すると共にかなりの達成感を得ることができました。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 初めての海外出張は、「国際特許分類(IPC)」を改正する国際会議への参加でした。世界中からの代表者が集うその会議は、5日間行われるのですが、英語で延々と繰り広げられる議論に集中することや、タイミングよく挙手して発言しなければならないストレスは思った以上に大きく、初日を終えたときには夕食も満足に取れないほど疲れきってしまいました。しかし、なんとか与えられた業務をやり切らねばと、翌日からは気持ちを入れ替え、朝4時に起床して(幸い、時差ぼけのためそれほど苦になりませんでした。笑)その日の議論の予習を行い、夜は同僚と一日のレビューを行ってから夜ご飯に出かけ、12時頃ホテルに戻るというハードな一週間を過ごしました。それでもなんとか仕事を終えて帰国の途につくことができたのも、同僚の助けがあったからと本当に感謝しています。 
 
  (平成28年11月)

  
進士千尋
 
特許庁 審査第三部 環境化学
 
平成18年採用 T種(理工W)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
薬学
 
◇ 志望動機は?
 学生時代に培った理系の知識を役立てられる仕事につきたいと考えていました。日々新しい技術に触れ知識や専門性を深められること、自分の長所である論理的な思考力を活かせること、そして、自分自身の責任で判断、決定できることに、審査官の魅力を感じ、特許庁への入庁を希望しました。また、審査業務だけでなく、国際交渉や施策策定などの業務に関わるチャンスがあることにも幅広い業務に携われると魅力を感じました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 入庁後4年間は審査官補として有機化学分野の審査業務に従事しました。この間に、知財に関する法律や審査実務の基礎を身に付けました。審査官昇任後は国際課総括班に配属され、課内のとりまとめや他課との調整業務に携わりました。業務を通じて、世界の中で知財に関して何が起こっているのか、日本がどういう活動をしているのかについて知ることができ、日本が知財を活かして発展していくためにはどうすればよいのか、日本の特許庁はこれから何をしていくべきかを意識するようになりました。
 その後、米国に一年間留学する機会をいただきました。ここでは、化学系研究室でナノメディスンの研究に勤しむとともに、国籍やバックグラウンドの異なる様々な人々に出会うことができました。留学中に築けた人間関係は一生の宝物だと感じています。帰国後は医療分野の審査に従事し、その後、外部機関に出向して2015年4月に設立された国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)知的財産部の立ち上げ業務に携わりました。AMED知的財産部では、研究開発成果を実用化に結びつけるための仕組みづくりや支援の企画、実行に携わりました。研究成果を生み出す側から知財に取り組む初めての経験であり、苦労も多かった分、得られたことも大きかったです。 
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 審査部では、審査業務、すなわち、出願された技術の理解、先行技術の調査、発見した先行技術に対して出願された技術が新しいか進歩性があるかについての判断を行います。技術に対する理解を深めるために、技術研修、企業見学、学会に参加するほか、国内外の知財制度の動向や判例を学ぶために勉強会、講習にも参加します。また、出願人側から知財制度や審査実務に対する意見や知財への取組を伺うために、企業や業界団体と意見交換を行うこともあります。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 審査業務においては、技術に関する知識が当然必要とされます。他にも審査基準や審決・判例の内容や変化にキャッチアップし、理解して、審査をする際に考慮していくことが必要となります。また、行政業務において、何かを企画、実行する際には、国内外の知財制度、知財をとりまく状況について理解をし、適切な施策を立案することが必要です。実際には、業務をしていくなかで、必要な知識を身につけ、深め、それがさらに他の業務でも活かされるということが多いです。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 特許庁で働くよさは、自分の責任と判断で行える仕事(審査業務)と、チームで協力して行う仕事(行政業務)の両方が経験できることだと思います。審査業務についていいますと、自分(審査官)の判断は制度上、後に異議申立や審判によって覆されることがあります。自分の先行技術調査が十分でなかったのか、技術の理解が間違っていたのか、法律・基準の理解、運用が適切ではなかったのか、色々な原因が考えられますが、少しでもミスをなくし、質の高い審査を提供することが自分のやり甲斐です。行政業務については、異なる国、機関、企業の方に出会い、話を聞く機会が多く、自分の世界が広がることが面白みの一つです。国際会議の開催や、制度やイベントなどの企画、実行など、チームみんなでやり遂げたという達成感が得られるのも醍醐味の一つです。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 自分に足りない点は気づきやすく、自分の成長を自分自身で感じられる機会はあまりないのですが、強いて言えば、計画通りに進まなかったり、不測の事態が起こったときでも、大抵のケースでは、まあ何とかなると落ち着いて対処できるようになったことに自分の成長を感じます。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 旅行が趣味なので、夏休みには一週間は休暇をとり、家族で旅行に行くのが定番です。多いときには、年3回海外旅行に行ったこともあります。業務時間を自分で管理しやすい環境にあるので、仕事を頑張れるときには頑張り、その分他の日に休みをとることで、必要なときに家族との時間をもつことができています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 日本の企業がもっと世界で活躍できるよう支援したいと感じているので国際関係の業務に携わりたいです。また、以前に行ったインド審査官向け研修の講師の経験が楽しくやり甲斐があったので、途上国、新興国への支援業務にも従事してみたいです。 
 
  (平成28年11月)

  
坂田麻智
 
特許庁 審査第一部 環境・基盤意匠 審査官
 
平成16年採用 T種相当〔意匠学〕
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
工業デザイン
 
◇ 志望動機は?
 大学院の時に、研究成果を仲間と一緒に特許出願をしたことで、知財に関心を持つようになりました。
 自分の学んできた専門である工業デザインの知識を業務に活かせるため、意匠審査官に魅力を感じました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 入庁後4年間の審査官補の期間に、それまで全く触れたことのなかった法律や審査業務の基礎を様々な研修やOJTの形で先輩から学びました。また、審査官となった後は、様々な分野(産業用ロボット、医療用品、テレビ、プレハブ住宅、珍しいところでは配管用管など)の意匠審査を経験しました。
 その他、法律改正、国際業務、政策立案、制度立案、法解釈である審査基準の検討など、意匠行政に関わる様々な部署を経験し、一年間の米国留学でデザインの先端を学ぶ機会も頂きました。 
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 出願されたデザインが、世界で最も新しいデザインであるのか、容易に創作できたデザインでないのか等の観点で、特許庁のデータベースに格納されている既にあるデザインとの比較をし、法律に定められた登録のための要件を満たすのかどうか審査をしています。そして、審査の結果を文書として出願された方にお送りしています。このような文書は、なるべく平易な表現で出願された方にポイントが伝わりやすくなるように努めています。
 時には出願された企業のデザイナーと直接お会いして、そのデザインの創作のポイントや背景等をお聞きしたり、担当分野の最先端デザインの展示会等に参加することで、そのデザインに対する理解をより深めることもあります。
 また、現在私は意匠の審査で使用する製品の分類を国際標準に合わせて改正するプロジェクトに参加していますので、そのための作業やメンバーでの打ち合わせ等を行っています。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 出願されたデザインを把握し、その創作のポイントを正しく理解するためには、そのデザインの背景にあるデザイナーの意図や、そのデザインを実現するための技術も含めて理解する必要があります。そのためには、学生時代に学んだ工業デザインの知識は非常に役立っていると思います。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 日々、最新のデザインに触れられることです。
また、きちんとした権利を設定することによって、企業の健全な経済活動に直接役に立っているという実感がある点だと思います。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 何かを検討する時に、まず法律を見て根拠条文を確認するようになりました。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 休日は家族と一緒に近場の温泉に出かけることを楽しんでいます。
また、平日早く帰れる日には、業務後に語学研修を受講したり、趣味の茶道やヨガの教室に通ってリフレッシュしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 権利化後の活用促進や、意匠という枠に縛られずに知財全般に関わるような業務に携わっていきたいです。 
 
  (平成28年11月)