職 員 紹 介
  
         
吉田慎之介   涔口智哉   高橋和也
   
防衛装備庁 調達管理部 調達企画課   防衛装備庁 航空装備研究所 誘導武器技術研究部 誘導制御研究室 主任研究官   海上自衛隊 舞鶴造修補給所 艦船部 船体科 鋼船船体係員
平成24年採用 Ⅰ種(理工Ⅰ)   平成16年採用 防衛庁Ⅰ種(電子)    平成26年採用 一般職(電気・電子・情報) 
 
         
冨田玄武   髙橋承子   甲斐洋平
   
東海防衛支局 建設計画官付 計画調整係長   陸上自衛隊 朝霞駐屯地業務隊 管理科 営繕班 工事企画係   沖縄防衛局調達計画課・課長補佐
平成21年採用 防衛省Ⅱ種(土木)   平成26年採用 一般職(建築)    平成17年採用 防衛庁職員採用Ⅰ種試験(土木)
  

  
吉田慎之介
 
防衛装備庁 調達管理部 調達企画課
 
平成24年採用 Ⅰ種(理工Ⅰ)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
航空宇宙工学
 
◇ 志望動機は?
 航空宇宙に係る研究を行って行く中で、日本の航空宇宙産業の発展に携わる仕事がしたいと考えるようになりました。民間企業に務め、設計等で直接研究で得た知識を活用することも考えましたが、より産業全体への影響力を持つ官側の仕事に興味を持つようになり、特に航空宇宙産業と関わりの大きい防衛省を志望しました。(元々軍用機も好きだったので。)
 防衛の分野は、安全保障に携わるという、公務員としての大きなやりがいがありそうであったこと、また、民間とは全く異なる用途、要求などもあり、技術的にも興味をそそられる点が多かったことも志望動機となりました。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 防衛省には工学系の採用区分として、装備系の行政職と研究職があります。そのうち、私は行政職として入省し、現在で5年目となります。2年目以外は装備品(自衛隊で使う航空機など)や防衛産業に関わる仕事をしています。新たな航空機を自衛隊に導入する事業や、他国へ資材の供与、契約に係る規則や制度など、幅広く装備品の近くで仕事をしています。ただし、直接専門を活かしての研究開発などを行っているわけではなく、ユーザーである各自衛隊が活動を行うために必要な装備、環境を整えるべく、予算や法制度、または国民の皆さんの理解を得るための支援をしています。
 また、2年目は、まったく技術とは関係のない部署で、人事に関わる法律の改正や制度に携わっていました。元々工学部で法律にはあまり触れたことがなかったため、目にすることが全て新しく、とても新鮮で楽しく働くことができました。
 3年目には防衛省で実施する英語研修があり、それ以降は英語を使う仕事が多くなっています。特に対米調整や交渉が多く、会議や出張などの機会も多くあります。留学経験こそまだありませんが、入省時よりも確実に英語力は上がった気がします。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在、私が携わっている業務には、米国の機関とのやりとりが必要なものが多くあります。米国からは多くのものを買っており、その契約制度のような部分ではお互いの制度をわかった上でやりとりを行う必要があるためです。米国からの調達が円滑に進み、自衛隊の運用に支障が出ないようにするために、日々米国防省の方々と仕事をしています。時には米国に出張することもあり(ペンタゴンです!)、直接相談したり交渉したりしています。米国では予算の制度から契約の制度、事業の管理の方法など日本と異なる点ばかりであり、日本として学ぶことがとても多いと感じています。
 現在は制度に関わっていますが、以前米国からの航空機導入事業に携わっていた時には、直接米空軍の基地に視察に行き、運用方法を教えてもらいにいったり、同じ機体のユーザー国が集まる国際会議に参加したりもしていました。
 海外との仕事の話が多くなってしまいましたが、当然国内の契約制度やプロジェクト管理に関わる業務も行っており、日々調達の場面から、装備品の効率的や取得になにか貢献できることがないか考えたり、また国会対応なども行っています。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 自衛隊の使用する装備品については、航空宇宙関連のものだけではないため、全ての業務に専門性が活かせる訳ではありませんが、理系として得た知識は業務を行う上では欠かせない貴重な背景知識だと感じています。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 防衛分野では、時に民間分野よりも進んだ技術に触れる機会も多く、日本として導入したことのない技術を初めて導入することがあります。そういった際には当然、法制度や国民の皆様の理解など、超えるべきハードルも高いことが多いのですが、自らが導入に携わった装備品が、日本の国土等を守ることに使われ、安全保障上の役割を果たすことを考えると、それはとても大きなやりがいになると感じています。私自身が導入に携わった航空機は、まだ日本の空を飛んでいませんが、それが導入され、国防の一端を担うことになることをとても楽しみにしています。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 入省後しばらくは自分はドメスティックな仕事を中心に生きていくことをなんとなく想像していましたが、今では海外の人々と仕事をすることが多く、そんな自分にふと気がつくと少しだけおもしろく感じます。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 国家公務員の仕事は確かに負荷が高く、かつ、仕事での拘束時間が長い面があります。ましてや防衛省は国防を担う省ですので、多少の変則的な勤務は避けられない部分があります。しかし、私はその分仕事以外の部分について特に大切にしたいと考えており、平日も帰れる日はできる限り早く帰り、自宅で夕食をとるようにしています。休日も妻と過ごしたり趣味の時間をしっかりと確保しています。
 
 (平成28年11月)

  
涔口智哉
 
防衛装備庁 航空装備研究所 誘導武器技術研究部 誘導制御研究室 主任研究官
 
平成16年採用 防衛庁Ⅰ種(電子))
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
電気工学
 
◇ 志望動機は?
 学生時代当時、不審船事件、弾道ミサイル発射等の安全保障に関わる事案が発生しており、漠然と安全保障に関心を持っておりました。こういった中で、自分がこれまで習得してきた技術的専門知識で、国を守ることに役立てないかと考え、研究職として装備品の研究開発に従事することが可能な防衛庁技術研究本部(現:防衛装備庁)を志望しました。また、研究業務ということで創造的な仕事に携われると期待したことも動機の1つです。
  
◇ 採用後の経歴は?
 第3研究所(現:航空装備研究所)に配属され、将来の誘導武器に向けた研究、新たに開発している誘導武器の試験業務に従事し、赤外線誘導及び誘導制御技術に関する研究業務、並びにこれらに関する試験業務に携わっていました。その後、内部部局や本省において、研究開発の業務計画、評価・制度に関する業務に従事後、再び研究所に戻り、現在は、対空誘導弾の誘導制御技術に関する研究業務、対艦誘導弾の試験業務に携わっています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 誘導制御技術に関する研究としては、将来の脅威であるステルス戦闘機に対処するためには、どういった技術を適用すれば、有効に対処できるのかについて、関係者と議論を重ね、試作等の研究業務を進めています。また、開発中の対艦誘導弾の試験では、従来までの試験評価方法を踏まえつつ、新しく設計された機能性能の試験評価方法について、開発担当部署や製造を担当するメーカーと調整して、試験計画策定・試験実施を行っています。この他、他室が所掌する発射試験に試験隊の一員として従事することもあります。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 誘導武器の研究開発・試験業務では、試作品における性能見積もり、機能性能を考慮した試験実施等、常に技術的妥当性に基づいた定量的な判断を行わなければならず、技術的専門知識は必須です。この際に必要な誘導武器関連技術は、民生ではあまり使用されていない特殊な技術も多いため、入庁後に習得する必要があります。一方、関係する技術領域は、機械、電気、化学等の幅広い分野に渡るため、様々な専門性を有する職員が協同して業務を遂行しています。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 研究開発では、新しいことに挑戦する特性上、予期していなかった事象が多々発生します。このようなときでも、防衛省・自衛隊及び製造担当メーカ等が一体となり、原因究明、対策を行い、目的を達成できたときには、苦労した分、感慨もひとしおです。また、研究開発・試験評価に携わった1つ1つの装備品には、各々苦楽の思い出がありますので、これらがユーザである自衛隊に装備されている様子を見る度に、我が国の平和・独立・安全を保つ一翼を担っていることを実感します。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 発射試験をはじめとする野外試験は、自衛隊の演習場等で行われることが多く、普段勤務している研究所の環境とは勝手が異なります。こういった中で円滑かつ安全に試験業務を遂行するためには、ある程度の試験経験が有益で、入庁当時は、先輩技官・自衛官に器材の用い方、安全管理を指導されつつ、野外試験に従事していました。最近の野外試験において、私も同様に後輩に伝えている姿には、時の流れを感じます。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 平日の帰宅時間は、業務量によりばらつきがあるため、退庁後に決まった活動を行ってはいませんが、休日は、家族との食事、ドライブ等のリフレッシュする時間を確保することに留意しています。また、普段の業務に関係するか否かに関わらず、少し違った領域や新しい技術領域の知見に触れることは、技術系として楽しいことですので、休日で自宅にいるときには、気楽な気分で新しい知識に触れるようにしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 防衛装備庁では、技術戦略において、技術的優越の確保、装備品の効果的・効率的な創製を技術政策の目標とし、様々な施策を打ち出しているところです。防衛技術の専門的知見を有する研究所の一員として、こういった施策を着実に実行するよう努めることで、自衛隊の運用ニーズに合致した装備品をタイムリー・効率的・安定的に提供し、防衛省の目的である我が国の平和・独立・安全の維持に寄与し続けたいと考えています。 
 
 (平成28年11月)

  
高橋和也
 
海上自衛隊 舞鶴造修補給所 艦船部 船体科 鋼船船体係員
 
平成26年採用 一般職(電気・電子・情報))
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
電気電子工学
 
◇ 志望動機は?
 国民のために役立つ仕事をしたいと考えていたところ、当時自衛隊の活躍を報道でよく目にしていたことがきっかけで防衛省に興味を持つようになりました。
 そのなかで、海に囲まれた我が国における海上自衛隊の役割は重要であると考え、海上自衛隊が保有している護衛艦等の艦艇は多くの電気機器を搭載しており、そのメンテナンスに関して、大学で学んだ電気電子工学の知識を生かせると感じ志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 平成25年10月に呉造修補給所に採用され、護衛艦をはじめとする艦艇の各種検査及び修理等について仕様書を作成し、監督官業務に従事。
 平成28年度4月に海上自衛隊舞鶴造修補給所に異動となり、同様に監督官業務を行っています。監督官として任される艦艇の数が増え、また規模も大きくなり、様々な経験を積んでいます。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 舞鶴造修補給所近くの岸壁で艦艇の調査を行い、修理が必要であると判断したら、発注するための仕様書を作成します。また、他にも担当している艦艇がありますので、監督官業務や修理した艦艇の検査に立会います。
 艦艇や艦艇に装備されている機器等の修理に関して、どのような修理方針を立案するかに苦慮することがありますが、上司や同僚の協力を得ながら仕事をこなしています。
 業務を行う上で気をつけていることは、艦艇からの修理要望の適確な把握、造船所への正確な情報伝達などがありますが、特に気をつけているのは、艦艇乗員や造船所とのコミュニケーションであると考え業務に従事しています。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 突発的に発生する艦艇の故障に対して、迅速に対応し、復旧することができたときにやり甲斐を感じます。
 監督官は海上自衛隊の艦艇を支える重要な立場であるため、早期の修理が求められる状況の中、いかに適確な修理方針の判断ができるかが仕事の面白みだと感じています。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 採用当初は、艦艇等装備品の名称や、適切な修理方針が分からず、上司や先輩職員の協力を得ながら行っていました。しかし、艦艇の修理に関して多くの経験を積ませていただいたことで、自らが修理方針の判断を行える機会が増えました。その結果、監督官として護衛艦の大規模な修理の定期検査を任されるようになったことが、自己の成長を感じた出来事でした。
 
 (平成28年12月)

  
冨田玄武
 
東海防衛支局 建設計画官付 計画調整係長
 
平成21年採用 防衛庁Ⅱ種(土木))
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
土木工学
 
◇ 志望動機は?
 私は以前から国防について興味がありました。防衛省においては、防衛施設を整備することができ、その整備した施設を自衛隊若しくは在日米軍の隊員が使用することになります。自衛官のように、有事の際に最前線に行くということはありませんが、施設がなければ自衛隊や在日米軍の運用に支障をきたすことから、技術面を通して日本の安全保障を支える組織の一員として仕事ができる防衛省に魅力を感じました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 最初の採用時には本省の米軍施設の整備を計画する提供施設課に配属され、その中で米軍の施設整備に係る予算の要求等に関わる業務を実施しました。その後は北関東防衛局、北海道防衛局の土木課に配属になり、自衛隊施設の土木工事に関する設計、積算及び監督業務を行ってきました。現在は東海防衛支局の建設計画官付に配属になり、自衛隊施設の整備に係る発注計画や各部隊との調整業務を行っています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 本省の提供施設課に配属されていた時は、財務省に施設整備の予算を要求するための資料作成を実施していました。地方防衛局の土木課に配属されてからは、自衛隊施設を整備するための監督業務として、工事を実施する上での問題等について工事業者と打合わせを実施したり、現場へ赴き実施状況を確認していました。建設計画官付に配属されてからは、業者ではなく主に部隊の担当者との調整がメインとなり、整備を実施する上での問題点の解決の打合わせ等を行います。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 私は、大学で土木工学を専攻していました。防衛施設を整備する際も一般の施設と同様に構造物等の構造計算を実施します。複雑な施設整備の場合は設計会社に委託しますが、簡単な施設整備であれば、自分で設計図面を作成することになります。特に自分で設計を実施する時は、地盤や雨水の計算、測量調査、CADを使用した図面作成等、技術的な内容も含めて大学で学んだ専門性を活用することになります。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 防衛省で整備する防衛施設は、その特性上から、一般の施設よりも厳しい基準に基づき整備することになります。また、自衛隊や米軍の運用も考慮した中で整備する等の厳しい制限が掛かってきます。その中で如何に問題を解決し完成に向けて整備していくかを部隊間と調整していくことが仕事の面白みでもあり、やり甲斐でもあります。最後完成した時に部隊の担当者から感謝を示された際は、次も頑張って行こうという気持ちになります。
 
 (平成28年12月)

  
髙橋承子
 
陸上自衛隊 朝霞駐屯地業務隊 管理科 営繕班 工事企画係
 
平成26年採用 一般職(建築))
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
建築
 
◇ 志望動機は?
 「陸上自衛隊は人を大切にする組織です。」業務説明会に参加した際に、職員の方が仰っていた言葉がとても印象的でした。そのような温かみのある組織に魅力を感じ、また、今までに学んだ知識を生かせる仕事がしたいという思いがあり、防衛省を志望しました。防衛技官として国防に貢献できる非常にやりがいのある仕事だと感じています。
  
◇ 採用後の経歴は?
 平成26年4月に陸上自衛隊朝霞駐屯地で採用されてから駐屯地内の施設の維持管理のため、各種工事の仕様書作成、積算及び監理業務を行っています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 工事を実施するにあたって、駐屯地に所在する部隊と調整を行い、CADによる図面の作成、積算をします。工事期間中は監督官として、仕様書・規格どおりに施工されているか現場確認を行います。工事の計画・発注から完成まで一連の仕事を担当しています。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
  各種工事の仕様書作成、積算及び監理業務には建築の知識が必要になり、今までに、大学で学んだ建築構造・設備・法律などの知識を、施工方法の検討や整備計画のために生かしています。しかしながら、工事には土木や電気など様々な分野が関連するため、建築以外の知識も必要になります。上司や先輩職員からアドバイスをいただきながら日々勉強し業務に取り組んでいます。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 専門的かつ幅広い知識が必要となるため、建築だけでなく様々な分野の勉強ができ、知識を高めることができます。また、施設の工事が完了した時に、部隊の隊員から直接「ありがとう」と感謝の言葉をかけられると非常にやりがいを実感することができます。災害派遣等で活躍する自衛隊員の姿がマスメディアで取り上げられる度、私たちの仕事が国防に繋がっていると感じられます。
 
 (平成28年12月)

  
甲斐洋平
 
防沖縄防衛局調達計画課・課長補佐
 
平成17年採用 防衛庁職員採用Ⅰ種試験(土木)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
資源開発工学
 
◇ 志望動機は?
 防衛省の最大の魅力は、業務の幅の広さにあると言えるのではないでしょうか。飛行場施設や港湾施設といったなじみのあるものから、ペトリオットミサイル発射施設や情報収集のためのレーダー施設など米軍や自衛隊ならではのものまで、建設対象の施設が幅広いだけでなく、PKOに取り組むためにイラクや南スーダンに派遣されたり、米軍と交渉したりと、他の省庁では経験できないであろう様々な仕事ができるところに魅かれました。学生時代当時、不審船事件、弾道ミサイル発射等の安全保障に関わる事案が発生しており、漠然と安全保障に関心を持っておりました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 本省勤務:航空自衛隊PAC-3部隊の市ヶ谷における展開基盤等の整備プロジェクトの立ち上がりを受けて、プロジェクトチームの工事担当として工事計画の作成等に従事
 地方勤務:岩国飛行場滑走路沖合移設事業に工事監督官として従事し、完成を迎える
 出向(内閣府):米軍基地返還後の跡地利用を推進するための法律の改正にあたり、法律改正原案の作成等に従事
 留学(英国):建設マネジメントコース修了
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現職の沖縄防衛局調達計画課では、主に米軍施設の建設プロジェクトのとりまとめを行っています。工事の進捗状況を本省に伝えたり、マスコミからの問合せに対し、速やかに回答を準備したりと、日々刻々と変わる現場の状況をいかに正確に把握するのかが私の重要な役割です。自分の目でも現場を確認しておきたいので、週に1回は、現場に足を運ぶようにしています。また、在日米軍との調整も私の重要な仕事の一つです。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 私たち防衛省技官は、土木や建築、機械、電気などのそれぞれの専門分野の知識を活かして、実現性のある工事工程の作成、工事費の算出など様々な業務を行っており、これら業務には高い専門性が求められます。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 例えば、米軍施設の建設プロジェクトにおいては、国内法令を守ることはもちろんのこと、米軍から、より厳しい基準を求められることもあります。加えて、関係自治体の要望も可能な限り叶えなければなりません。その他、複数年にわたる大規模プロジェクトでは、完成までの間に安全保障環境が変化し、大幅な計画変更を求められることも。このように毎回複雑な課題に直面し答えの見えない難解なプロジェクトを実現させることが、この仕事の最大のやり甲斐ではないでしょうか。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 とにかくチームプレーが重要な職場なので、周りの人がどうしたら仕事がやりやすくなるか、といったことを第一に考えられるようになったことが一番成長した点かもしれません。日本人の美徳である献身性は、省庁の仕事に必要不可欠です。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 地方勤務もある仕事ですが、各地方の魅力を満喫することが楽しみなので、転勤も悪くないですね。また、いつ転勤になっても後悔しないようにという発想から、週末はなるべく家族と出かけるようにしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 海外では既に公共事業でも活用されているBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)は、日本でもその推進に向けた取組が進められていますが、多数の利害関係者との調整やスピード感を持った対応を求められることが多い防衛省の建設プロジェクトにとって、その導入のメリットは数多くあります。今後更に増えていくであろう複雑なプロジェクトを確実に遂行するためにも、こうした最新IT技術を積極的に導入できるような環境整備にも力を入れていく必要があると感じています。 
 
 (平成28年12月)