職 員 紹 介
  
         
中嶋仁美    
   
消防庁 総務課 企画係長  
平成21年採用 T種(理工T)    
  

  
中嶋仁美
 
消防庁 総務課 企画係長
 
平成21年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
化学工学(学部)、衛生工学(修士)
 
◇ 志望動機は?
 「国民の命を守る仕事」に魅力を感じたから。
 災害時:全国的な見地から消防隊を調整することにより、人命救助に携わる。
 平常時:工学の知見を活かして新技術の社会導入に必要な安全基準を法制化することにより、人命を守る。
 
◇ 採用後の経歴は?
 技術系職員らしい経歴としては、
 燃料電池自動車の燃料である水素のスタンドをガソリンスタンドに併設する場合の安全対策を検証。具体的には、想定される火災荷重を設定し、輻射熱のシミュレーション結果から設備間距離を計算し基準化。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 安全対策を基準化するために、関係団体や関係省庁と意見交換をしたり、必要な実験を実施。
 熊本地震などの大規模災害が発生した場合は、官邸の対策本部へ参集し、関係省庁と連絡調整をしたり、被災地に出向して救助活動の調整を実施。
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 輻射熱の計算等、大学で学んだことが直接活かされることもあるが、卒業論文や修士論文を作成したときに身につけた実証アプローチが非常に活かされている。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 やり甲斐としては、全国どこで災害が発生したとしても、自ら被害を軽減するために力を尽くすことができること。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 平日はしっかり働いて、休日は夫と料理するなど、家族との時間を大切にしている。
 
 (平成28年11月)