職 員 紹 介
  
         
濱野梨紗子   小山幸洋   山上慎平
   
法務省 大臣官房 施設課 総務・特命担当 係員   法務省大臣官房秘書課 政策評価係 主任   法務省大臣官房施設課 官署施設企画第一係 係員
平成25年採用 一般職(建築)   平成25年採用 総合職(工学)   平成24年度 U種(機械)
         
瀧澤 政樹  
 
法務省大臣官房施設課 実施設計担当 係員  
平成26年採用 一般職(電気・電子・情報)  
  

  
濱野梨紗子
 
法務省 大臣官房 施設課 総務・特命担当 係員
 
平成25年採用 一般職(建築)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
理工学部建築学科
 
◇ 志望動機は?
 建築に係る企画・立案・設計・工事・保全等,建物ができるまでの一連の流れの業務を幅広く経験できる点や,矯正施設という特殊な建築物に対する技術的手法に関して興味を持ち,法務省大臣官房施設課を志望しました。
また,実際に執務室内を見学した際には,女性も多く,生き生きと働いている姿が印象的でした。
  
◇ 採用後の経歴は?
 1〜2年目は,業務委託や工事発注に係る事務手続きを経験し,3年目からは約12万6千m2の敷地をもつ大規模な整備計画に,設計担当・監督職員として携わっています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 工事の監督職員として週に数回現場に出向き,進ちょく状況の確認や関係者との打合せを行うことで,工事が適正に行われるように調整を行っています。また,現場には自分よりも技術的知識や経験が豊富な人が多くいるため,それらの情報収集にも努めています。技術系職員らしく,作業着にヘルメットを装備し,輝く「ドボジョ」(※土木系女子)になれるよう,勉強の毎日です。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 実際に自分が工事の現場で監督職員として携わった建物が完成し,ユーザーの方々に感謝の言葉をいただけたことが今までで一番達成感を感じた瞬間です。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 施工者や設計事務所等との打合せに1人で参加できるようになり,さらにその場で懸案事項に対する対応策,方針等について自ら調整ができるようになった時に成長を実感しました。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 政府の施策であるゆう活や早出遅出勤務制度を利用し,業務終了後に友人と美味しいご飯を食べに行ったり,映画を見に行ったり,充実した日々を過ごしています。
 その代わり,チームで仕事しているので,周りに迷惑をかけないように自らの業務スケジュール管理は徹底しています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 工事に携わることが多かったので,今後はその経験を生かして施工段階を意識した設計を行えるよう,様々な案件の設計業務に携わりたいと思います。
 
 (平成29年12月)

  
小山幸洋
 
法務省大臣官房秘書課 政策評価係 主任
 
平成25年採用 総合職(工学)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
工学部建築学科
 
◇ 志望動機は?
 建築を担当する技官として施設整備に携わりたいと考えていたところ、説明会等で採用担当者の施設整備に対する情熱に惹かれるうちに、法務省施設の特殊性やその社会的な役割に気づき、法務省大臣官房施設課を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 建築設計担当として、刑務所等矯正施設の設計や、工事監理を担当しました。 
 現在は、法務省の政策の評価に関する業務等を担当しています。
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在は、官房秘書課にて法務省の政策の評価に関する業務を行っていますが、官房施設課では、技官として、拘置所等を含む総合庁舎の設計を担当しました。入省2年目で設計担当を任され、はじめは知識・経験が不足する中で業務を進めていくことに、様々な苦労もありましたが、設計当初から関わっていた計画の図面一式が完成した時には、,大きなやり甲斐を感じました。
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 施設課では、法務省が所管する刑務所等矯正施設及び検察庁等官署施設の企画、設計、工事を、また、改修等を含めた維持管理まで、一貫して施設の整備に携ることができます。建築に限らず、電気、機械職でも、工学的な知識・素養が求められることとなります。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 施設の設計から完成までを見届けることができ、技術者としてのやり甲斐を感じることができる職場だと思います。
 また、刑務所や拘置所等の矯正施設の設計を専門に行っているのは、日本では法務省大臣官房施設課だけです。刑務所等の矯正施設整備に興味のある方は是非とも志望官庁のひとつに加えていただければ幸いです。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 法務省施設課は他省庁に比べると小規模な技術系の集団ですが、その一方で、やる気さえあれば若いうちから、様々な業務経験を積むことができます。
 はじめは、先輩・上司に仕事を教わりながら、業務を覚えることがメインです。しかし、入省2,3年目からは担当案件を任され、自ら主体的に業務を進めていくにつれ、「どうすれば業務が円滑に進められるか」を考えることで、省内担当者・設計事務所担当者・地方自治体等との間で発生する様々な問題に対する調整・解決能力が自然と身についていきます。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 施設課には地方出先機関等がありません。当然,省内の異動や、数年間の地方への出向等はありますが、省内での勤務がメインとなります。このような点を考えると、数年毎に全国転勤が必須な国家公務員の中では、生涯設計がしやすく、家庭と仕事の両立がしやすい職場ではないかと考えます。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 今後は、技官として技術的な専門性を持ちつつ、広い視野を持って、法務行政の礎となる施設整備に努めていきたいと考えています。また、日本で唯一の矯正建築の専門家になるため、専門技術を磨くことにも努めていきたいです。
 
  (平成29年12月)

  
山上慎平
 
法務省大臣官房施設課 官署施設企画第一係 係員
 
平成24年採用 U種(機械)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
工学部機械工学科
 
◇ 志望動機は?
 物づくりに携わる仕事がしたくて機械工学を専攻していたので,公務員として何か物づくりができる職場を探していたところ,法務省の説明会に参加し,矯正施設等の特殊性のある物づくりに魅力を感じ,法務省大臣官房施設課を志望しました。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 矯正施設の設計・積算業務や現場の工事調整を2年,庁舎の維持管理業務を1年,約12万6千m2の敷地をもつ大規模な整備計画の設計担当・監督業務に2年携わりました。現在は,検察庁や法務局など法務省の職員が執務する庁舎等に係る予算の要求・執行業務に携わっています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 検察庁や法務局などの担当者と工事計画等の打合せを行い,その工事にかかる費用の予算を要求する業務を行っています。施設整備に携わる技術系職員は施設課にしかないため,工事の相談や問い合わせは多いですが,担当者は困って頼ってきてくれている部分が大きいため,きちんと対応しなくてはと思い日々働いています。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 現在所属する企画係では,全国の法務省施設から要望のある工事計画等に対応しているのですが,工事はエアコン等設備の修理や雨漏りの補修など,執務環境を改善する目的のものが多く,予算を確保できたということは,職員が気持ちよく仕事ができる環境を整備できたということなので,喜ばれたり,キレイに補修された結果を見るとやり甲斐を感じます。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 採用当初は任された仕事について設計事務所や工事業者の担当者と打合せをしていても,先輩や上司を呼ばれてしまい,信用されていないと悔しく感じたものですが,今は自分の顔を見て対等に打合せをしてもらえるようになったところに成長を実感します。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 仕事を計画的に行い休暇を取得して,休日であれば混雑しているところへ平日に出かけたり,日帰り旅行をするなど,ワーク・ライフバランスを心掛けて仕事をしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 同年代の中では比較的色々な業務を経験させてもらっています。色々な立場の声を聞くことができた経験を生かして,様々な案件の設計業務にじっくり関わっていきたいと考えています。
  
 (平成29年12月)

  
瀧澤 政樹
 
法務省大臣官房施設課 実施設計担当 係員
 
平成26年採用 一般職(電気・電子・情報)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
理工学部情報理工学科
 
◇ 志望動機は?
 学生時代は情報分野を専攻しており,採用される前は,建築設備に関する知識が全くありませんでしたが,業務説明会において説明を受けた「自分の仕事が目に見える形で残る建築の分野」の仕事に魅力を感じ,法務省大臣官房施設課を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 採用後は設計部門に配属となり,刑務所や拘置所,法務総合庁舎など様々な施設の設計に携わりました。研修も充実しており,課内の研修だけでなく,外部研修にも参加し,建築設備の知識を身に付けていきました。
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在は,刑務所の設計や工事中の法務総合庁舎の事案を担当しており,設計事務所や施工業者との打合せ,その打合せのための検討作業が日々の主な業務となっています。施工業者との打合せは基本的には電話やメールとなりますが,実際に施工現場に赴いて打合せをする場合もありますし,完成検査などで出張する機会もあります。なお,法務省の建物は日本全国にあるため,今年は北海道の事案も担当していますし,昨年は沖縄の事案も担当しました。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 自分の仕事が形に残るということに魅力を感じ今の仕事を選んだわけですが,設計に携わった案件が完成し,完成検査で建物を実際に見た時は,仕事のやり甲斐を感じます。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 建築設備について大学で一切学んでなかったため,入省当時は電気設備の用語が一切分からない状況でしたが,多くの事案を担当するなかで,設計事務所や施工業者と一人で打合せをする機会が増えてきた現在の自分に成長を実感しています。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 工事中の案件や設計業務については,工程が定められていることから,自分のスケジュールが管理しやすく,プライベートとの両立もしやすいと思います。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 入省してからは主に設計業務に携わってきましたが,今後は施工中の現場を確認する機会が多い監督業務にも携わりたいと考えています。
 
  (平成29年12月)