職 員 紹 介
  
         
竹内謹治   根本優   藤岡ゆかり
   
海上保安庁 交通部・企画課付(人事院長期在外研究員)   海上保安庁 交通部 企画課 国際・技術開発室   国土交通省 総合政策局 海洋政策課
平成20年採用 T種(理工T)   平成26年採用 総合職(工学)   平成24年採用 T種(理工T)
 
         
横田裕輔   西村一星  
   
海上保安庁 海洋情報部 海洋調査課 海洋防災調査室・海洋防災調査官付   海上保安庁 海洋情報部 技術・国際課 海洋研究室 研究官  
平成25年採用 総合職(数理科学・物理・地球科学)   平成23年採用 T種(農学W)  
  

  
竹内謹治
 
海上保安庁 交通部・企画課付(人事院長期在外研究員)
 
平成20年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
情報工学
 
◇ 志望動機は?
 私が就職活動を行っていた10年前は、映画・ドラマ「海猿」や漫画「トッキュー!!」など、海上保安官による人命救助がメディアを賑わせていた時代でした。海上保安庁を訪問した際、技術の力で彼らの負担を減らす、つまり船の事故を減らすことができる仕事があると知り、漠然とした興味を持ち、採用面接を受けた結果、幸運にも採用していただきました。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 採用後2年間は、海上交通安全のための施設(航路標識)の整備や新技術の開発に携わりました。その後は海上保安庁全体の方向性を決める仕事として、東日本大震災からの復興や海上保安体制の強化にも携わりました。また、船舶の運航を学ぶために世界一周航海研修に参加したほか、海上通信技術に関する国際標準策定作業を経験しました。現在は、米国の大学院に2年間留学する機会をいただき、科学技術政策・交通政策を学んでいます。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 留学前は、海上交通安全のための新技術開発を進めるための具体的な進め方を検討していました。当時携わった技術開発の中には国際的な基準策定が必要なものがあり、この基準策定に日本として貢献するため、海上保安庁の施設を利用したデータ収集・解釈、国際会議における発表などを行いました。また、政策実現のために「ほしい技術」と実際に「開発できる技術」のギャップを埋めるため、庁内外との打ち合わせも頻繁に経験しました。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 航路標識に関する新技術は情報工学に基づくものも多く、学生時代の専門は国内外専門家との技術的な議論に非常に役立ってます。学生時代の研究等で培われた論理的な思考は、どの行政分野においても非常に有益だと思います。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 国としての立場で物事を検討できるスケールの大きさは、民間企業にはない、国家公務員の大きな魅力だと思います。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 私は必要のない残業は一切行わない主義なので、災害や事案等、対応が必要な場合を除き、仕事と生活の両立で困ったことはありません。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 留学中に、交通分野における官民連携の面白さを実感しました。帰国後に海上交通分野での官民連携について関わりたいと思います。
  
 (平成28年11月)

  
根本優
 
海上保安庁 交通部 企画課 国際・技術開発室
 
平成26年採用 総合職(工学)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
伝熱工学
 
◇ 志望動機は?
 海上保安庁は少人数ではありながら、現場を持ち、自分の担当した仕事が目に見える形で反映されることに魅力を感じました。また、海上保安庁交通部は自身が学んできた工学系の知識や経験を発揮できる部署だと考え、海上保安庁交通部を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 1年目は船舶が安全に航行できるように設置されている航路標識の保守業務を担当しました。発生した事故状況を取りまとめ、事故を減らすための提案を行ったり、実際に灯台に赴いて点検を行ったりしました。2年目は当庁の施策の大きな目玉となる、東京湾の一元化な管制を効率的に実現することをサポートする法律改正の作業を行いました。現在は国際業務を担当し、ASEAN諸国における技術支援や欧米諸国との新技術の開発のサポートを行っています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 法律改正の際には、庁内やもちろん、庁外の関係者と調整を行い、当庁としての施策をとりまとめました。また、法案を国会で審議する際には、与野党の国会議員に対して説明を行い、当庁が行おうとしている施策を説明しました。現在は、ASEAN諸国や欧米諸国における海上交通分野の担当者とメール等を通じて政策の実現や調整のための連絡をとったり、当庁としての意見を出すために、庁内の関係部署との調整を行っています。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 学生時代に学んできた理系的な物事のアプローチが、初見の点も多い海上保安庁の幅広い業務を処理する上で非常に生かされています。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 自分の担当した業務が第一線で活躍する海上保安官の業務に直結することや、事故数の削減などの目に見える数字で反映されることが仕事の面白みややり甲斐になっています。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 法律改正の際に膨大な業務を限られた期間でこなすことを通じて、仕事を効率よくこなすことができるようになりました。また、多くの人々と接し、協力して作業を行ったことで仕事に関するネットワークが広がり、問題解決の引き出しが広がりました。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 体を動かすことが好きな私は、昼休みに皇居周辺を走ったり、職場の仲間とフットサルをするなどして、仕事以外の面でも充実した生活を送っています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 今後は警備救難分野などの自身がまだ携わっていない当庁の業務や、航空や鉄道等の安全分野の政策についてもかかわっていきたいと考えています。
 
 (平成28年11月)

  
藤岡ゆかり
 
国土交通省 総合政策局 海洋政策課
 
平成24年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
表面物性
 
◇ 志望動機は?
 春の霞が関OPENゼミで、海上保安庁海洋情報部のブースがまるで理系の研究室のような打ち解けた雰囲気だったことから、海洋情報部に興味を持ちました。さらにその後の官庁訪問で、面接官の方から業務について熱の入った説明をして頂いたこと、部の業務とはまるで異なる分野の研究内容であっても真剣に聞いてくださったことから、自分に合っていると感じ、海洋情報部を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 入庁後に配属された大陸棚調査室では、測量船に乗って海底地形や海底下の地殻構造を調査したり、得られたデータを解析する業務に携わりました。現在は、国土交通省総合政策局海洋政策課で、海洋政策に関する国土交通省の窓口業務を担当しています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 海洋政策に関する省内意見の取りまとめを行っています。国際案件については、会議文書の分析や資料作成、国際会議への出張、我が国の対応に係る関係省庁及び業界団体間の意見調整、各国政府機関とのやり取りを行っています。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 海洋情報部は技術的、専門的な内容の業務が多いため、分野こそ異なるものの、大学の講義や研究活動での経験が測量機器の原理の理解やデータ解析に活きる場面が多々ありました。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 一口に海洋といっても省庁や業界によって様々な立場や視点があることを知りました。そのため、調整に苦労することもあるものの、視野が広がったと感じています。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 英語が不得意であったため、当初は外国機関とメールでやり取りする際に逐一上司の確認を頂き文面を修正されていましたが、回数を重ねるうちに慣れていき、今では一任されるようになったことです。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 所属課では副担当制を採用しており、万一の場合でも関係者間で業務をカバーする体制になっているため、概ね両立できていると思います。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 本省での業務を通じて、海洋における調査・観測に関する他省庁や他機関の取り組み、限られたリソースの中での努力を知る機会が多くありました。また、それ以外の海洋政策における課題に関する案件にも携わりました。海上保安庁海洋情報部に戻った際には、これらの経験が生かせるような業務に関わっていきたいと思います。
 
 (平成28年11月)

  
横田裕輔
 
海上保安庁 海洋情報部 海洋調査課 海洋防災調査室・海洋防災調査官付
 
平成25年採用 総合職(数理科学・物理・地球科学)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
測地学・地震学
 
◇ 志望動機は?
・科学的な調査を自ら実施していること。
・(相対的に)小さな組織であるため、自分が主体となって研究活動を実施できると感じたため。
  
◇ 採用後の経歴は?
・海底地殻変動観測の運用・管理・技術開発
※海底地殻変動観測とは?→将来の地震発生域を知るために、海底の動きを測定する測地観測(海洋情報部が世界で最も優れた観測技術を有している)
 
・観測結果の解釈・公表
(2本の論文(PEPS, Nature)執筆と2回の米国での学会出張) 
  
◇ 日々の仕事の様子は?
陸上での話(凄く好調な一日):
前日から夜にかけて回していたプログラムの解析結果を確認し、バグ取りの後、リスタートをかけて、外部機関等からのデータ提供依頼等への対応を取りつつ、論文を書いたり、読んだり、学会/講演用の発表資料を作成する。装備品の製造業者との打合せや観測機器の不調の対応、観測計画に関する打合せも行う。

海上での話:
12時間に4時間、観測室に詰めつつ、酔いと格闘する。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 業務内容は測地学の一分野であるため、自身の専門性が活かされています。
また、プログラムと英作文は向き合った時間の分だけ役に立ちます。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 プログラムと格闘したり、英文と格闘したりすること。
 皆で苦労していることの価値を科学的に認めてもらえること。 
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 最初の観測行動で酔って吐いていたのが、吐かなくなったこと。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 妻におんぶに抱っこですが、自分では勝手に円満だと思っています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 海底地殻変動観測の運用環境改善・精度向上のための仕事が山積しています。また、海底調査に関して海洋学や海洋工学の分野との相互のフィードバックを進める必要を感じています。
 
 (平成28年11月)

  
西村一星
 
海上保安庁 海洋情報部 技術・国際課 海洋研究室 研究官
 
平成23年採用 T種(農学W)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
海洋物理
 
◇ 志望動機は?
 海洋というフィールドに対する職員のチャレンジ精神と現場力に魅力を感じて、入庁を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 「船舶による観測」以外での海洋における流れ等の観測の実施・技術開発
例:人工衛星、海洋短波レーダー
                  ↓
 流れが速く、通常の観測機器では観測が難しい海域における流況情報をシミュレーションにて作成し、公開する業務
例:来島海峡における潮流シミュレーション情報の提供
                  ↓
 海上保安庁全体の政策の企画立案、国会対応、海上保安レポートの作成
※海上保安レポートとは?→海上保安業務に関する最新の情勢と今後の展望を国民に対して分かりやすく紹介している毎年発刊される刊行物(http://www.kaiho.mlit.go.jp/doc/hakkou/report/top.html)
                  ↓
 世界最先端の「自律型海洋観測装置(AOV)」による海洋観測の実施
※自律型海洋観測装置(AOV)とは?→太陽光パネルを搭載し、燃料を用いずに1年以上、海面をオペレーターの指示通り移動し、長期観測を行うことのできる観測機器。データをリアルタイムに陸上に送信することも可能。
(H.28 11/25現在、利用可能なAOVデータ
http://www.kaiho.mlit.go.jp/KAN7/aov/index.html
http://www.kaiho.mlit.go.jp/KAN10/kaisyo/AOV/aov_index.html) 
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 世界的にも最新技術である「自律型海洋観測装置(AOV)」の運用を担当しています。具体的な業務としては、機器業者との打合せや、現場での各種データの検証観測の実施、関連学会での情報収集、論文の執筆など、多岐に渡っています。機器の安定的な運用のために、日々奔走しています。
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 海洋の流れの観測を実施するには、自分が勉強してきた海洋物理学の知識が直接活かされています。また、全般的に、応援団に力を入れた大学時代の経験を通じて得られた忍耐力やコミュニケーション力、ごく稀に上下関係への理解が、仕事をする上で非常に役立っています。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 未知の部分が多い「海洋」に対し、科学と行政という両輪をもって進んでいるところに、非常に面白みがあるとともにやり甲斐を感じています。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 主に理系の知識を用いる業務に携わった後に、企画・立案・法律・国会というこれまで全く経験したことのない仕事を担当することになった際、最初は上手くいかないことが多かったのですが、仕事に対して正面から向き合うことで徐々に慣れていったことです。最終的には責任ある仕事も任されるようになり、確実に遂行できたことが自信につながりました。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 休みの日は、家族で近くの公園や旧友宅に出かけてBBQをしたり、気の合う職場の仲間と登山・遠泳大会出場・地方の祭り巡りを楽しむなど、仕事と家庭の間に垣根がなく充実した時間を過ごせています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 「海洋」は未知な部分が多いため、これからも観測技術等に関する開発が進んでいくものと思われます。今後は、分野の垣根を越えた相互連携に関する政策に携わり、常に「海洋観測」分野で日本がトップを走れるよう貢献したいと考えています。 
 
  (平成28年11月)