職 員 紹 介
  
         
三宅悠介   森谷直子   梅澤亮友
   
環境省 自然環境局 野生生物課 希少種保全推進室 室長補佐   環境省 水・大気環境局 放射性物質汚染対策担当参事官室 参事官補佐   環境省 大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部 指定廃棄物対策担当参事官室
平成20年採用 T種(農学V)   平成19年採用 T種(理工T)   平成28年採用 一般職(物理)
 
         
森有希  
 
環境省中国四国地方環境事務所国立公園課 自然保護官  
平成17年採用 U種(林学)  
  

  
三宅悠介
 
環境省 自然環境局 野生生物課 希少種保全推進室 室長補佐
 
平成20年採用 T種(農学V)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
植物生態学
 
◇ 志望動機は?
 幼少期に家族で色々な山に登ったこと、大学の研究室でも研究や実習などで各地の自然を見る機会を得たことなどから、自然に携わる仕事がしたいと考えていました。
環境省は、自然を守ることを仕事とできること、全国各地、素晴らしい自然が残っている現場で働けることに魅力を感じました。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 東京で1年間勤務した後、北海道の釧路で2年、知床国立公園の現地事務所で3年勤務し、現在はまた本省に戻ってきて希少種を担当しています。
 北海道の5年間は、世界遺産にも登録されている知床の業務を主に担当し、植生を保護するためのエゾシカ対策、歩道や登山道の管理やルート再検討、海中に投棄された漁網などの回収事業、国立公園の管理計画の改訂などに携わりました。特に現地事務所の3年間は、町役場、観光協会、漁協、自然保護団体など、様々な立場の地域の方々との調整、意見交換が重要な仕事でした。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在の希少種担当は3年目です。絶滅危惧種をまとめたレッドリストの更新、野外での捕獲や販売などを法的に規制する種の選定、動植物園等における絶滅危惧種の保存などを担当してきており、専門家、関係省庁、動植物園などと相談しながら、各種業務を進めてきました。
 最近は、法律改正の担当となっており、絶滅危惧種を保全するために、どのような法制度が望ましいのか、日々頭を悩ませています。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 登山道管理など、植生が直接的に関係する業務ではもちろんですが、生態学・生物学の基礎的な考え方が分かっていることは、専門家との意見交換や調査業務の設計などに役に立っていると思います。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 自然環境保全に関わる様々な仕事に携われることは大きな魅力ではないかと思います(私の場合は、シカ対策、エコツーリズム、登山道管理、海洋保全、希少種保全など)。また、若手の意見であっても尊重してもらえる職場環境のため、自らが発案・企画したものが実現することもやり甲斐に繋がります。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 特に希少種担当となってからは、業務上の必要性もあり、保全生物学や保全遺伝学などを勉強するように心がけていますので、学生時代の専門分野以外の知識も少しずつ増えてきていると感じています。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 休日は家族との時間、自分の時間が確保できています。最近は、家族で都立の公園ボランティアに登録し、田植えや農業体験などに参加しています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 北海道以外の現地経験が無いので、他地域の国立公園管理に携わりたいです。
また、近年、増えすぎたシカ等による植生の被害が顕著となっており、学生時代の研究テーマでもあるため、シカ対策にも興味があります。
  
 (平成28年11月)

  
森谷直子
 
環境省 水・大気環境局放射性物質汚染対策担当参事官室 参事官補佐
 
平成19年採用  T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
都市環境工学
 
◇ 志望動機は?
 大学での研究の際に行ったカンボジアで、栄養失調でおなかが大きいけれど笑顔な子どもたちと出会い、この子たちのために何かできないかと思ったのが発端です。日本の強みである環境というキーワードで、国境を超えて社会を変えることができるのは環境省だと思いました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 入省2年目で気候変動交渉の日本代表として発言・交渉する機会があり、当時大変緊張して臨んだ覚えがあります。この経験を活かして、水銀に関する水俣条約づくりと水銀廃棄物に関する国内制度の検討、廃棄物関係の条約交渉など、国際的な仕事をいくつか経験した後、人事院の制度を活用して、米国環境保護庁に研究員として半年間在籍しました。米国の環境施策について研究する中で多くの人と出会い、人の輪と自分の視野を広げることができました。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で生じた放射性物質の除染を担当しています。最近では、森林の除染の方向性を固めるために、県や市町村などを訪れてご意見を伺ったり、関係者に説明したりしました。皆さんの暮らしに息づく森への想いを最大限汲み取りつつ、最新の知見を分かりやすく伝えていくことの難しさ・大切さに向き合って取り組んでいます。
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 水銀廃棄物に関する国内の制度や除染の方針の検討の基になるのは、水銀や放射性物質の環境中の挙動などの科学的な知見です。この科学的知見を理解する上で、環境工学で学んだことが役に立っていると思います。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 環境省の仕事の面白さの一つは、気候変動などの長期的なスパンの問題に本気で取り組めること。自分の孫に、50年後におばあちゃんいいことしたねと言ってもらえる仕事ができると考えます。もう一つは、除染のように、そこに住んでいる人の安全のための環境回復などに取り組めること。現場に近い仕事ができる分、やりがいも大きいです。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 バーゼル条約の下で、日本がリードして進めていた水銀やPCB廃棄物のガイドラインづくりに携わったとき。日本の知見や考えを盛り込みながら、各国の意見を取り入れつつ、皆が合意できるガイドラインを取りまとめることに苦労しましたが、これが締約国会合で策定されて拍手が起こったとき、これまでの経験が活かせたと感じた瞬間でした。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 結婚後はなるべく早く帰って、家庭での時間を大事にするようになりました。環境省の女性職員には、子育てと仕事を両立している方が多いので、困ったら相談できる環境なのが安心です。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 環境というキーワードで、地域社会や生活のために何ができるか、考えたいです。 
 
 (平成28年11月)

  
梅澤亮友
 
環境省 大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部 指定廃棄物対策担当参事官室
 
平成28年採用 一般職(物理)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
応用物理学専攻
 
◇ 志望動機は?
 学生のとき「水は人の6〜7割を占めており、生きるのに不可欠なものである」という言葉に改めて気付かされ、身近にあることが当たり前だからこそ、身近にあって当たり前であり続けるために、しっかりとした対策を行わなければならないと感じました。そのため、水だけでなく、きれいな水や大気などを守り続けようとする環境省に魅力を感じ、志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 平成23年に発生した原子力発電所の事故により放出された放射線物質により汚染された廃棄物の処理に関する事業の連絡調整業務を担当しています。 
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 事業の説明会の準備などの仕事に携わっています。事前準備は、日程の調整から始まり、会場の確保、業者との段取りの打合せ、説明資料の作成、招待状の送付などを行います。そして当日は、来場者の誘導、議事録の作成等を行います。最初の仕事で、現場の声を直接聞く機会を得ることができ、現場がどのようなものを求めているのかに気付かされました。これから様々な分野の業務に携わっていく中で、現場が何を求めているのかを中心に考えられる職員になりたいと考えています。
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 専門性に限ったことだけでなく様々な業務に携われることが、自分になかった多くの知識を身に付けられるのだなと感じています。 
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 法律を読み解くことに面白みを感じます。第1条からパズルのように条文を理解し、相手に説明して、理解してもらえたときにやり甲斐を感じます。いずれは、法律の策定に携わりたいと考えています。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 最初は直属の上司に説明をすることでさえ、あたふたしてうまく伝えることができなかったのですが、最近は簡単な案件であれば、幹部への説明を任せてもらえるようになったことです。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 動き回って忙しいときほど、ランチタイムなど少しの時間でも外に出て気分転換をしています。また、家に帰って飼い犬とボール遊びでじゃれあうと心が癒されていい気分転換になります。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 水や大気は簡単に国境を越え他国に影響を与えるので、自分の国だけ対策をしていればいいという問題ではありません。従って、隣国と協力して環境の改善を進める政策に関わっていきたいと思います。 
 
  (平成28年11月)

 
  
森有希
 
環境省中国四国地方環境事務所国立公園課 自然保護官
 
平成17年採用 U種(林学)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
緑地生態学
 
◇ 志望動機は?
 子どもの頃から漠然と自然が好きで、気づけば林学部に入学、緑地生態学を専攻していました。社会人になっても専攻分野を活かせる仕事を希望していましたが、そもそも日本で自然に関われる仕事は少なく、また当時は不況で民間企業の募集も限られていたため、国と県の公務員試験を受験しました。
最終的に県ではなく環境省に決めたのは、つきつめて考えると自分のやりたいことは自然の保護であり、全てのキャリアを通じて何らかの形で自然保護に携われるのは環境省だと気づいたからです。実際に、国立公園の最前線で地域の人達と一緒に汗をかく仕事から、霞ヶ関で政策の企画立案や国際交渉に携わる仕事まで、幅広く様々な形で自然保護に関わることができます。また、現地事務所への官庁訪問時に感じた和気藹々とした職場の雰囲気もとても魅力に感じました。
  
◇ 採用後の経歴は?
  入省後、渡り鳥の飛来地として国際条約に登録されている「藤前干潟」で野生生物行政に従事。次に本省自然環境計画課に配属後、国立公園であり世界自然遺産でもある屋久島で3年間、国立公園の管理・運営や適切な利用のためのルールづくり等に携わりました。その後は再度本省に戻り、合法木材の利用推進や砂漠化対処に関する事業に従事し、国際会議に出席する機会も得ました。現在は、現職で国立公園の最前線に立つ自然保護官をサポートしています。
 
◇ 日々の仕事の様子は?
 今の部署では、中国・四国地方にある3つの国立公園(大山隠岐、瀬戸内海、足摺宇和海)を所管しています。具体的には、国立公園内で建物や看板を立てたり、樹木を伐採したりする際に必要な許可業務や、貴重な植生群落の管理方針の検討、今後どのように当該国立公園を管理・運営していくか等の計画検討などを行っています。いずれの仕事も、国立公園の現場で働く自然保護官が仕事の最前線になります。彼らが必要とする情報を提供したり、より望ましい方法をこちらから示したり、時にはぶつかりながらもサポートしています。
現在は、日本の国立公園を訪れる外国人観光客を増やしていこうとするプロジェクトが行われており、その大山隠岐国立公園における基本計画の検討を行っています。そうした全体方針を示すような計画検討においては、現地の自然保護官と協力し、会議の運営や計画案の執筆、関係者との調整・協議等も直接行います。
現地の状況をできるだけ深く理解しながら、他地域の事例やこれまでの経験を活かして、具体的な取組に通じる計画を検討していく作業は、現地で実際に身体を動かして行う業務とはまた違った醍醐味があります。
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 例えばある希少植物をどのように保護していくべきかを検討する際には、学生時代に学んだことがダイレクトに役立っています。ただ、そうした機会は常にあるわけではありません。それよりも、大学院での研究生活を通して身についた科学的な考え方、あるいは論理的な思考がどのような業務においても役立っていると実感しています。 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 現在3歳になる娘は0歳から保育園に通っています。乳児の頃、粉ミルクを受け付けない子だったのですが、1歳までに1日2回取得できる保育時間を活用し、冷凍母乳を届けることができました。また、入園当初は急な発熱などもしょっちゅうでしたが、上司も先輩や同僚も育児を応援してくださり、仕事の面でもサポートしてくださいました。仕事と育児との両立では、異動が1つのネックではありますが、私の場合は出産後まだ異動はなく、充実した制度と職場の皆様のご理解のおかげで困ることなく過ごせています。
 
 (平成28年12月)