職 員 紹 介
  
         
小松宜紘   伊藤直樹   中村元太
   
農林水産省 中国四国農政局 四国東部農地防災事務所  調査設計課長   政策統括官付穀物課水田農業対策室推進企画係長   水産庁 漁港漁場整備部 計画課 広域整備係長
平成17年採用 T種(農学U)   平成24年採用 T種(理工T)   平成22年採用 T種(理工T)
  
 
   
岩野泰介   中井裕子
 
水産庁漁政部漁政課評価係長   消費・安全局食品安全政策課リスクコミュニケーション情報係長
平成24年採用 T種(農学W)   平成22年採用 T種(理工W)

  
小松宜紘
 
農林水産省 中国四国農政局 四国東部農地防災事務所 調査設計課長
 
平成17年採用 T種(農学U)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
農業土木
 
◇ 志望動機は?
 私の田舎は、小学校の同級生が自分を入れても5人しかいない、いわゆる中山間地域です。農業振興を通じて、中山間地域を元気にする仕事に就きたいと思い、農林水産省を志望しました。職種の選択に当たっては、本省での政策立案も、現場で農業振興に直接携わる仕事も両方やってみたいという希望から、地方への転勤が多い農業土木を選びました。
 それから、ダムが好きというのも、志望理由のひとつかもしれません。 
 
◇ 採用後の経歴は?
 これまで、本省勤務が通算5年半、直轄事業の現場事務所勤務が通算2年、他省庁(総務省)への出向が2年半、大使館勤務(バングラデシュ)が2年です。
 係員の時に配属された新潟県のダム建設の現場では、工事の監督を経験しました。出来上がっていくダムを見るのが楽しくてしょうがなく、いつまでも仕事がしたいと思ったものでした。
 本省では、農業水利施設の整備や改修、農地の大区画化などを行う公共事業「農業農村整備事業」の予算管理や政策立案に関する業務を経験しました。東日本大震災の際は、現場からの限られた情報を元に、復旧・復興に向けた補正予算の要求を行ったり、上司と一緒に国会議員への説明に回りました。皆、手探り状態の中で必死に仕事したことは忘れられません。
 このほか、総務省(情報通信行政)や大使館(バングラデシュ)に出向し、様々な経験をすることが出来ました。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在は、徳島県で農業水利施設を整備する直轄事業の現場事務所で、工事に関する予算の管理や、工事の実施に向けた地元調整に携わっています。
 農村では、農家の高齢化や後継者不足が本当に深刻化しています。直轄事業に関すること以外の、地域振興に関する相談を受けることもあります。農林水産省の他の出先機関や徳島県庁、関係自治体と協力して、課題解決に向けた方策を地元農家と一緒に考えていく取り組みもしています。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 直轄事業の現場事務所では、農業水利施設などに関する工事監督のほか、工事に向けた調査や設計を担当することがあります。これらには、大学で習った専門的な知識が必要となります。
 また、本省においても地方から報告された情報が正しいのか判断するためには、技術的な知識が必要です。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 農業水利施設などの農業インフラは、道路などの他のインフラと異なり、農家が管理・利用していきます。このため、現場では、農家と対話をすることが必要不可欠です。対話を重ねて信頼関係を築き、それが直轄事業の推進に繋がっていると実感したとき、やり甲斐を感じます。
 このほか、地方勤務の際に発見した課題を、本省での政策立案に活かすことも面白みの一つだと思います。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 先輩職員同士が政策立案に関して次々とアイデアを出し合っていたのを見て、「よくこんなに思いつくものだなぁ」と思ったものです。自分が、現場で農業・農村の課題に直面し、「あの時先輩達が言っていたのはこういうことだったのか」と納得した時、少しだけ、成長したと感じます。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 地元説明会や農業イベント、地域活動は平日の夜や週末に開催されることが多いので、仕事に協力してくれる家族に感謝です。イベントや地域活動には、可能な限り家族と一緒に参加しています。昨年は、家族全員で阿波踊りに参加しました。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 農林水産省を志望した動機が、中山間地域の振興に携わりたいということでした。「限界集落」という言葉に代表されるように、農村の高齢化や過疎化が、本当に深刻化しています。農村が維持できるような政策の立案が出来ればと思っています。
  
 (平成29年3月)

  
伊藤直樹
 
政策統括官付穀物課水田農業対策室推進企画係長
 
平成24年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
材料工学
 
◇ 志望動機は?
 日本中を旅行した学生時代。電車やバスから眺める田や畑、森と海。どの地域にも「農林水産業」はあり、地域の発展には農林水産業の成長が重要と感じました。
 私は工学部で、まさに自動車や家電といった分野を専門としており、そういった産業で日本をもっと元気にしたいという思いを持っていましたが、日本全体、様々な地域までくまなく発展するためには、農林水産業が鍵になるのではないかと思い始めました。そこで農林水産省を志望しました。
  
◇ 採用後の経歴は?
 最初に配属された部署は、米麦の貿易に関する政策を担当する部署で、在任中の主なトピックとしては、2012年の米国での高温・乾燥による穀物価格の高騰等がありました。その次の部署では、東日本大震災からの復興を担当し、新たな営農再開に向けた支援体制の整備や風評被害への対応等に当たりました。
 現在は、米政策を担当しています。
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 「米政策改革の着実な実施」が、現在の部署のミッションです。
 米の生産については、長い間、行政により生産数量目標等が配分されてきましたが、平成30年から行政による生産数量目標の配分が廃止されます。農業者の方々が、行政による配分に頼らずとも、自らの経営判断により需要に応じた生産・販売を展開できるような環境を作っていくことが、 今般の改革の趣旨であり、この改革をスムーズに行っていくことが重要です。
 そのための予算に係る業務や各県の担当者との意見交換等、様々な方々とコミュニケーションを取りながら仕事を進めております。
 「米」という全国で作られている作物を扱う部署ということもあり、全国各地へ出張する機会があります。ここ1年半ですが、10数県に行かせていただきました。(これは少ない方で、40道府県近くまで出張している上司もいます。)
  
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 試算や分析をする機会も多いですが、学生時代の経験が活かされていると思います。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 前述のように、米はほとんどの地域で作られていることもあり、全国各地から日々多くの情報が入ります。自分が関わった予算や制度に関する情報が非常に短い時間で全国に行き渡り、沢山の御意見をいただくことはとても刺激的です。
 また、ありがたいことに、若手がやりたいと思ったことを「どんどんやって」と言っていただける土壌があります。今般の米政策改革については、生産者の方はもちろん、多くの方に直接国の考え方を伝えることができるよう、「米政策NEWS」なる動画を作成し、YouTubeで公開しました。ニュース番組を見て研究し、どうすれば見やすいか考え、インタビュー形式にしたり、テロップを入れたりと工夫をしてみました。出張に行くと、多くの方から「動画、見ましたよ」という声をいただきました。是非、YouTubeで「米政策改革」と検索してみてください! 
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 休日は妻とどこかに出かけています。仕事が落ち着く時期には、旅行にも行きます。これが最高のリフレッシュです。
 また、料理が好きで、週末にたくさん作って保存し、なるべく平日も手作りのものをバランスよく食べるようにしています。運動も欠かさないようにしています。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 現在は、「米」という面から見た政策を推進していますが、「農業の成長産業化」という大きな目標を達成するためには、資材、流通等といった様々な面での課題を解決していくことが重要と感じています。実際、関係者の方と意見交換させていただく中でも、上記について聞かれることはとても多いです。
 大局的な視点を持ちながら、様々なジャンルにチャレンジしていければと思います。
 
 (平成30年1月)

  
中村元太
 
水産庁 漁港漁場整備部 計画課 広域整備係長
 
平成22年採用 T種(理工T)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
土木
 
◇ 志望動機は?
 大学時代、土木工学を専攻する中で社会基盤が縁の下の力持ちであることに魅力を感じていました。
 また、幼少期より、農業を営む祖父母の家への里帰りが楽しみであったことから、農林水産省で働くことになるのは自然な流れでした。
 現在、公務員は縁の下の力持ちであるだけではダメと言われますが、縁の下の力持ちといった存在がカッコイイと考えてもいいと思いますよ。
  
◇ 採用後の経歴は?
平成22-24年度 漁港漁場整備部防災漁村課 海岸班
(漁港海岸整備の予算に係る業務)
平成25-26年度 長崎県五島振興局水産課
(漁協の検査・指導、漁船の検認、水産振興に係る業務)
平成27年度 漁政部漁政課総括班
(水産行政全般に係る総括業務)
平成28年度 漁港漁場整備部計画課 事業班
(水産基盤整備の予算に係る業務)
  
◇ 日々の仕事の様子は?
 現在、水産基盤整備事業(漁港・漁場の整備)の予算に関する業務に従事しています。
 都道府県等が漁港・漁場の整備を行うこととなっていますが、水産土木に係る出先機関がないため、全都道府県(正確には海有り県だけですが。)と直接やりとりをしています。
 そうしたヒアリングの中で、いかに円滑に水産基盤の整備を国の方針に則った形で推進していけるか、日々、想いをめぐらしています。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 水産庁は、特に他省庁とは異なり小さな組織であるにもかかわらず、業務が多岐にわたることから一人一人に求められる仕事の幅が広く、チームで業務にあたっている雰囲気であり、風通しの非常に良い職場です。
 これらの特徴に少しでも興味が湧いたら、是非、水産庁の門をたたいてください。
(仕事の上では、多くの仕事を任せてもらえる環境が自分にとっては、「よし来た!」とモチベーション向上につながっています。)
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 後輩たちの仕事ぶりをみて、あの頃は自分もそうだったなぁと思いをはせることがあります。
 また、5年、10年先の自分が振り返ると同じように思うことになるかと思いつつ、日々、前進・成長していきたいと考えております。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 基本的に、平日の帰宅後や休日は、家族との時間をしっかり確保できます。
 平日の日中は仕事、それ以外は家族との時間とメリハリが重要ですし、これが充実した生活を過ごしていく秘訣だと思います。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 現場である都道府県に限らず、他省庁や海外での勤務など様々な職場環境での自己啓発が図れます。
 
 (平成29年3月)

  
岩野泰介
 
水産庁漁政部漁政課評価係長
 
平成24年採用 T種(農学W)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
水産資源学分野
 
◇ 志望動機は?
 幼少の頃より水生動物が好きで、それがきっかけで水産分野の勉強を始めました。勉強を進めるうちに社会と水生動物の関わりについて興味を持つようになり、そういった分野を直接的に扱えるような職場を探していたところ、まさにぴったりと感じられたのが水産庁でした。
  
◇ 採用後の経歴は?
 入省1年目〜3年目の途中までは、農林水産大臣の許可が必要な「大中型まき網漁業」の許認可業務を担当しておりました。そして、3年目の途中〜5年目の途中までは、神戸にある瀬戸内海漁業調整事務所(水産庁の地方事務所)に転勤し、沿岸漁業に関わっていく仕事を幅広く担当しておりました。この2部署は、水産庁の中でも、漁業について専門的な仕事をする部署であり、漁業関係法令の運用から現場への出張まで、様々な経験を積むことが出来ました。
 現在は水産庁全体の業務をとりまとめる部署に所属し、施策のPDCAを回す取組みを推進していく仕事をしております。

◇ 日々の仕事の様子は?
 漁業について専門的な仕事をする部署にいるときは、日頃から現場に対する想像力を持つことを心がけ、申請書類の処理から県行政との折衝まで、なるべく漁業活動の支障にならないようにと意識しながら働いておりました。
 また、現在は庁内のとりまとめとしての立場から、水産庁内の様々な部署の意見を聞き、どのように仕事を進めていけば関係者が仕事をやりやすいかといったことを考えながら取り組んでおります。

◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 学生時代に研究で取り組んでいたことが直接活用出来るという訳ではないのですが、漁業や水産資源がメインの職場ですので、業務資料を検討したりといった日々のデスクワークでも、水産分野のバックグラウンドがあることで仕事が進めやすいと実感する場面が多いです。また、現場の方とお話しする際にも、水産分野の知識が円滑なコミュニケーションに大いに役立っていると思います。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 デスクワークもあれば、港や海に出ることもあり、国内の浜へ伺うこともあれば、海外での国際交渉もあるなど、幅広い業務に携わることができます。特に、漁業について専門的な仕事をしていく中では、「現場では日々こんなことが起きているのか!」と驚かされることも多いです。水産庁で働いているからこそ手に入る貴重な情報や体験を糧に成長していくことができます。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 漁業調整事務所では、海や港で漁船を見る機会も多く、入庁当時は見分けがつかなかった漁業種類ごとの船型が判るようになったり、漁労機器等の使い方がイメージできるようになったりと、現場で得られた経験により専門性を高めることができたと思います。
 さらに、庁内のとりまとめとしての立場で働き始めてからは、水産以外の分野の組織に対しても立場の違い等を理解しながら仕事を進めていくという姿勢が身につき始め、視野の広がりを感じています。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 公私ともに充実しています。退庁後は自分の趣味に打ち込むも良し、職場の仲間と親睦を深めるのも良しです。水産分野の人たちが集まっているので、職場内でも趣味の合う仲間が見つかるというのも良いところだと思います。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 今後も資源管理や漁業の分野を中心に、幅広い経験をつみつつ、日本が身近な自然の恵みである水産資源を活用し続けられるよう、少しでも貢献できる行政官になれればと思います。
 
 (平成30年1月)

  
中井裕子
 
消費・安全局食品安全政策課リスクコミュニケーション情報係長
 
平成22年採用 T種(理工W)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
薬学
 
◇ 志望動機は?
 大学で学んだ科学の知識を活かして人の健康に役立つ仕事がしたいと考え、特に、食の分野に関わりたいと考えて農林水産省を志望しました。
 農林水産省は現場とつながりがあるため、農林水産物の生産段階から関われるということに魅力を感じています。
  
◇ 採用後の経歴は?
 これまで、農林水産省本省勤務が5年、他省庁(内閣府)への出向が2年あり、全て食品安全の分野で仕事をしてきました。
 内閣府食品安委員会は、食品の安全性評価を行う組織です。自分が担当した遺伝子組換え食品の安全性評価は分子生物学、農学、毒性学など様々な分野の専門家により行われます。私は専門家による評価結果をとりまとめる等の事務方の仕事を行っていました。遺伝子組換え食品の世界は技術の進歩が著しいため、新品種が出る度に勉強することが多かったです。
 農林水産省では、生産者が野菜などの農産物を衛生的に生産できるよう支援する仕事をした後、現在は食品安全に関する情報を消費者等に積極的に発信する仕事を行っています。

◇ 日々の仕事の様子は?
 食は人間にとって不可欠なものであり、安全でないと健康に関わるため、確かな根拠に基づいた施策が必要です。そして、その施策を進めていく時には、関係者の取組や、消費者の理解も必要になってきます。消費者をはじめとして、生産者や食品関係事業者の中には、理系の出身でなかったり、その専門分野には明るくないなど、様々な背景の方がいます。
 現在は、そのような方にも施策をご紹介できるよう、わかりやすく情報発信をするということに取り組んでいます。様々な方面から情報収集をし、どんなメッセージを発信したいかを考え、科学の観点や、正確な情報であることも気をつけるなど、色々なことに注意しながら仕事をしています。今の職場では日頃はオフィスで働いていますが、外の方と意見交換をするときに、先方の事務所へ伺ったり、全国の主要都市に出張することが多いです。

◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 薬学部では物理、化学、生物、患者とのコミュニケーションなど様々な分野を学びました。最近仕事で活躍した分野は化学です。食品に含まれる自然毒への注意喚起をウェブページで行った際に、自然毒の構造式(しかも立体)が出てきたときには、化学を勉強しておいて良かったと思いました。ただ、8年ぶりだったのですぐには思い出せず、継続的に勉強することは大事だとも痛感しました。
 
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
 情報を発信すると、反響があることもあり、その中で「良かった」という評価をいただけると、がんばって良かったと感じます。また、そのような反応がなくても、「次はこれをやってみよう」と考えたり、小さなものでも企画を作って取り組んだりすることができるので、仕事をしている甲斐を感じます。また、仕事をする度に、新しく知ることが増えていくので、その点も面白いと感じています。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 生産者や消費者、流通・小売関係の事業者など様々な方にお会いする機会が多く、意見交換ができるので世界が広がり、昔よりいろいろな角度でものが見られるようになったと思います。
 また、7年も経てば、採用された当初に比べ、仕事のスピードも上がり、できた時間で新しいことに挑戦したりすることもできるようになってきたと思います。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
 時期や仕事内容によっては、長時間労働を余儀なくされる時もあります。しかし、毎週必ず定時で帰る日は設けられていますし、仕事帰りにヨガに行くこともあります。
 夏休みはなるべく連続して長くとるようにしています。連続して10日以上お休みをいただき、エジプトに旅行に行ったのは、今でもいい思い出です。
 
◇ 今後関わっていきたい政策課題などは?
 健康的な食材が豊富で、バラエティに富んだ食を楽しめる日本であって欲しいと思いながら、そのお役に立てるような仕事に関わっていきたいと考えています。

 
 (平成30年1月)