警  察  庁
 業   務   概   要
  警察庁は全国29万人のマンパワーを擁する警察組織の中枢官庁であり、「国民の安全・安心を守る」という使命の下、各種政策の立案、立法作業に当たるとともに、警視庁を始めとする全国都道府県警察の指揮監督を行っています。
 警察官僚の活躍のフィールドは霞が関にとどまりません。政策の企画立案といった一般的な霞が関における業務のほかにも、第一線におけるリーダーとして社会の悪と対峙し正義を実現する都道府県警察勤務、志を同じくする海外の仲間達と協力しながらグローバル犯罪と戦う海外勤務等があり、フィールドの多様さも魅力です。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
    警察庁長官官房人事課課長補佐 藤山 智将

  警察官僚という「生き方」
 
  皆さんは、国家公務員という職業にどのようなイメージを持っていますか。
  公務員は安定した職業だけれども、何となくつまらなそうだと思っているかもしれません。あるいは公務員の不祥事やバッシングに関する報道に触れて、公務に身を投じることに躊躇しているかもしれません。
 そんな皆さんに言いたい。国家公務員の魅力は安定していることではなく、公に奉仕することです。そして、時代が変わろうとも国家国民のために仕事をすることの誇りと喜びは誰にも奪うことはできません。
 私は、正義を貫き、国民の安全・安心を守る警察の仕事は一生を賭するに値する仕事であるとの初志を抱き、警察庁に入庁し、この十数年間、現場や霞が関で、志を同じくする仲間とともに、日常の幸せを守る仕事に全力を尽くしてきました。そして今。入庁当時の初志は覚悟に昇華して、今の自分を支えています。

  警察官僚は、国家公務員であると同時に警察官であり、護民官です。一人の国民の痛みに寄り添い、万人の国民に責任を果たす。マイナスをプラスに変えていく。我々の「根っこ」は常に現場にある。そういう魂をもって、日々奮闘していく「生き方」が、ここにはあります。
 一度きりしかない人生を後悔なくどう生きるか。その選択を前に、誇りと使命感を持って、世のため人のために尽くすという生き方に少しでも心が動かされた君。ぜひ説明会でお会いしましょう。警察官僚の魅力をもっともっと伝えたいと思います。


 (平成28年9月)
 
 警察庁の採用情報ページはこちら
→  
http://www.npa.go.jp/saiyou/index.htm