人事担当者からのメッセージ (国税専門官)
 
     国税庁長官官房人事課人事専門官 倉地孝之

  『熱い魂を持った人の熱意に応える仕事・・・国税専門官』

   「税金がないと私たちの暮らしはどうなるんだろう?」
  小学校時代、考えたことないですか? きっとあると思います。
  では、「誰が税金を徴収してるんだろう?」考えたことありますか?
  是非考えてみてください。社会の暮らしを支える縁の下の力持ちのことを。

  国税の職場はスペシャリスト集団と呼ばれるとおり、税法等の高い専門性が求められますが、研修制度がとても充実しており、働きながら高度な専門知識を身に付けることができます。
  学生時代に法律や会計学を学んだことがないので不安という声をよく聞きますが、研修で十分にフォローをしますのでどうぞ安心してください。(理系や文学部出身の職員も多いです。)
  悪質納税者と対峙する査察官や国際課税の最前線で活躍する調査官も、採用時からスペシャリストであった訳ではありません。各種研修や職務経験を通じて一人前に成長しているのです。

  また国税の職場では、男女を問わず全ての職員について、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を確保できる環境づくりに積極的に取り組んでいますので、女性の方もとても働きやすく、また活躍できる職場でもあります。(男性の育児休業取得促進にも組織をあげて取り組んでいます。)

  公務員を目指すみなさんは、社会のためにという高い志と魂を持っていらっしゃると思います。我々が求めるのも「自分が国を支えるんだ」という熱い魂を持った人で、あなたの熱意にきっと応えることができる仕事です。
  志の高いそこのあなた! 国の財政を支える税のスペシャリストとして、一緒に歩んでいきませんか?

 ※職場の魅力をもっともっとお伝えしたいので、是非、国税専門官の説明会にお立ち寄りください。待ってます!


(平成27年4月) 
 国税専門官の採用情報ページはこちら
→  http://www.nta.go.jp/soshiki/saiyo/saiyo02/02.htm