公 安 調 査 庁

 業   務   概   要
  公安調査庁は、暴力主義的破壊活動を行う危険性のある団体について調査し、規制の必要がある場合には、公安審査委員会に対し、当該団体の活動制限や解散指定の処分請求を行います。また、過去に無差別大量殺人行為を行い、危険な要素を保持していると認められる団体について、公安審査委員会に対し、観察処分や再発防止処分の請求を行います。観察処分が認められた場合、団体施設への立入検査などを行います。
  さらに、我が国の情報コミュニティのコアメンバーとして、調査において収集・分析した内外情勢に関する情報を関係機関に随時提供し、政府の施策に寄与しています。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
 

  「情報(インテリジェンス)の力で国民と国の安全を守るために」

 公安調査庁-この行政機関の名前を聞いたことがある方又は名前は聞いたことがあっても,何をやっているところか知っている方は,そう多くはないかもしれません。
  当庁の業績は,広く報じられることがないので,それも当然かもしれません。しかし,当庁は,「情報(インテリジェンス)の力で国民と国の安全を守る」という大変重要な役割を担っています。
 もう少し具体的に言いますと,当庁は,公共の安全の確保を図ることを任務として,オウム真理教に対する観察処分等の団体規制を実施するとともに,国内諸団体,国際テロリズム,北朝鮮等の諸動向など,公共の安全に影響を及ぼす国内外の諸情勢に関する情報の収集及び分析に取り組み,我が国情報コミュニティのコアメンバーとして,政府の政策決定への情報貢献にも努めています。

 情報収集の手段には様々なものがありますが,当庁の情報収集の中心は,当庁が知りたい情報を持っている人から話を聞く,いわゆるヒューミントです。皆さんも,いきなり見ず知らずの人に大事な話をしないのと同様に,ヒューミントで重要情報を入手するには,多様な相手との信頼関係を構築する必要があり,その際,力になるのが,皆さん一人一人の様々な人生経験です。公共の安全とは一見無関係な,何気ない一言が,国家にとって重要な情報の入手につながることもあり,その時の達成感は筆舌に尽くし難いものがあります。

 本文を読んで当庁に少しでも興味を持った皆さん,本稿では当庁について語り尽くせませんので,是非,業務説明会やセミナーに足を運んでみてください。


 (平成28年8月)
 
公安調査庁の採用情報ページはこちら
→ 
http://www.moj.go.jp/psia/kouan_saiyo_index.html