公 安 調 査 庁

 業   務   概   要
  公安調査庁は,テロなどの暴力によって政治的な目的を達成しようとする団体について調査し,規制の必要があると認められる場合には,公安審査委員会に対し,当該団体の活動制限や解散指定の処分請求を行います。また,過去に無差別大量殺人行為を行い,危険な要素を保持していると認められる団体について調査を行うとともに,公安審査委員会に対し,観察処分や再発防止処分の請求を行います。観察処分が認められた場合には,団体施設への立入検査などを行います。これらの団体規制を通じ,公共の安全の確保を図るとともに,国民や地域住民の皆様の不安解消に努めています。
 さらに,我が国の情報コミュニティのコアメンバーとして,調査において収集・分析した国内外に関する情報を政府首脳や関係機関に随時提供し,政府の施策に寄与しています。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
 

  「『情報』を通じて我が国の公共の安全を支え,国民の幸せの礎として働く」

 公安調査庁の主な任務は「団体規制」と「情報貢献」です。
テロなどの暴力によって自分たちの政治的目的を達成しようとする危険な団体について,そうした団体があるのか,もしあるのならばどのような団体なのかを調査し,調査の結果,必要があれば,その団体の活動を制限したり,団体を解散させたりする「団体規制」の手続きを行います。オウム真理教に対する観察処分を通じて教団の活動実態を把握し,国民や地域住民の皆様の不安の解消に努める業務も「団体規制」の一つです。
 もう一つの任務は「情報貢献」です。危険な団体を調査する中で,北朝鮮等の周辺国の動向,国際テロの脅威,懸念国による我が国に対する有害活動等,様々な情報が集まります。こうした情報を分析・評価し,政府首脳や政府関係機関に提供し,政策決定に活用してもらっています。公安調査庁は,我が国のインテリジェンス・コミュニティの一員として情報の面から政府・関係機関の施策を支える機関でもあるのです。
 これら業務を支えるのは「情報」です。当庁の情報収集の中心は,情報を持っている人物を通じて情報を入手すること,いわゆる「ヒューマン・インテリジェンス(ヒューミント)」です。情報収集は,基本的には水面下で行われ,皆さんの目に触れることはありません。しかしながら,当庁が入手した「情報」は,国民が平和で安全な生活を送るために必要不可欠な「団体規制」や「情報貢献」に着実に活かされているのです。
 このように公安調査庁の業務は,他の省庁や民間企業のように成果が大々的に発表されるようなものではありませんが,「情報の力を通じて公共の安全を確保する」という使命の下,情報収集のプロフェッショナル,情報分析のプロフェッショナルがプライドを持って任務に当たっています。また,他省庁や民間企業では経験できない業務を通じ,国家公務員としても,人間としても大きく成長できる機会が多い職場でもあります。
 我が国を取り巻く内外の諸情勢は,残念ながら厳しい状況にありますが,こうした状況において,情報収集・情報分析のプロとして,「情報の力」であらゆる脅威に対応し,我が国の平和や安全を支えていくことに少しでも関心を持たれた方は,是非,業務説明会やセミナーに足を運んでください。


 (平成29年11月)
 
公安調査庁の採用情報ページはこちら
→ 
http://www.moj.go.jp/psia/kouan_saiyo_index.html