人事担当者からのメッセージ (皇宮護衛官)
 
     皇宮警察本部警務部門警務課課長補佐 加藤 幸治

  『絶対予防という使命』

 皇宮警察本部は、天皇皇后両陛下や皇族各殿下の護衛と、皇居、御所などの警備を専門に行う唯一の警察組織であり、皇室守護のため皇宮護衛官一人一人が、己の任務を全うし、組織をあげて「絶対予防」の使命を果たしています。
  このページを見ていただいた方は、公務員に興味を持ち、公務員を目指そうとしている人であると思います。採用者数が少なく受験をあきらめる方もいると思いますが、最初から無理と思わず、皇宮護衛官になりたいという「夢」を持って一歩を踏み出してほしいと思います。
  私の好きな言葉は、皇宮護衛官になって初任教養を受けていたときに知った、「夢を持とう。夢なき者に目標なし、目標なき者に計画なし、計画なき者に行動なし、行動なき者に成果なし。」です。出典を調べると幕末の志士・吉田松陰の言葉に似ていますが、教官が言い回しを変えたと思います。いつもデスクに置いて眺め自分の目指す理想を思い描いて実践を心がけています。公務員を目指している人に是非、夢を持ってほしい、皇宮護衛官になりたいと強く思い目標としてほしい、目標実現のため計画と行動(ホームページの閲覧・説明会への参加・試験勉強)を起こし、試験を受けて成果を「有り」としてほしい。皇宮警察は、夢の実現にチャレンジする皆さんを待っています。

 (平成27年4月)
 皇宮護衛官の採用情報ページはこちら
→  http://www.npa.go.jp/kougu