総   務   省

 業   務   概   要
  総務省は、日本全国にわたる基本的な仕組みから、国民の経済・社会活動に関わる諸制度を担う、国家の根本を支えている省庁です。その所掌範囲は、国の基本的な行政制度の管理・運営、地方自治(地方分権改革・地域活性化)や消防・救急行政、情報通信技術(ICT)を活用した成長戦略の実現と、多岐にわたっています。
 いま我が国は、震災からの復興、少子・高齢化の進展、地域間格差の拡大、国際競争力の強化など、多くの課題に直面しています。今後も私たちは、所管行政の総合性を生かしながら、我が国の行政を担っていきます。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
 
「この国のあり方を一緒に考えませんか」

  少子高齢・人口減少社会への対応、過密過疎問題、エネルギー・環境問題をはじめ、現在の日本が抱える社会的課題は多岐にわたり、また、それぞれが簡単には解決できないものばかりです。
 総務省では、特定行政分野にとらわれないという横割り官庁ならではの強みを活かして、複雑な課題に対して解決策を提示し、国民のみなさんが夢を持って生活できる社会システムづくりに取り組んでいます。
 私自身も、公務員を志した際を振り返ると、職場として、課題解決に向けたビジョンを住民目線で色々と考えていくことができる場所であると感じるとともに、実際に出会った先輩職員の方々が包容力に溢れ、活き活きと仕事に取り組んでいる姿に魅力を感じたことを覚えています。
 この国のあり方を一緒に考えませんか。
 熱い想いを持った方を、お待ちしています!

 

総務省大臣官房秘書課
企画官 鈴木 康之

 
 総務省の採用情報ページはこちら
→ 
http://www.soumu.go.jp/menu_syokai/saiyou/jsougou_setumei_index2.html