特  許  庁

 業   務   概   要
  特許庁は、絶え間ないイノベーション活動から生み出される知的財産が適切に保護されるよう、特許権、実用新案権、意匠権、商標権といった独占的な権利付与を行うことにより企業活動を支えています。近年は、企業活動のグローバル化に伴い、日本のみならず海外での円滑な知的財産の保護が不可欠となってきました。このような時代の変化に対応し、日本企業のグローバルな事業展開を支えるべく、日本で権利化された知的財産が海外でも安定した権利として円滑に保護できるよう、特許庁は知的財産制度の調和や国際審査協力などの議論をリードしています。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
 

(筆者は中央)

  特許庁総務部秘書課課長補佐 倍賞 満

  「日本の産業・経済発展の担い手として」

 私たちが普段なにげなく使っているスマートフォンは、数多くの発明の結晶であることをご存じでしょうか? 新たな商品が生み出されるたび、そこには多くの研究者の努力の成果である発明がつまっており、その発明を権利として保護するのが特許権です。また、みなさんがスマートフォンを選ぶ際、機能だけでなくデザインやブランド・商品名も考慮していると思います。これらも、意匠権(デザイン)や商標権(ブランド・商品名)で保護されており、私たちの身の回りには「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」といった知的財産権があふれています。
 これら知的財産権は、今日の産業・経済発展の基盤として重要な役割を果たしており、特許庁は、国の機関として知的財産権を適切に保護するなど必要不可欠な業務を担っています。
 特許庁は、霞が関の官庁の中でも特にアットホームな雰囲気の職場で、知的財産に関わる着実な事務事業の実施から、知的財産制度の普及支援や法整備といった企画立案まで、また、地方から海外まで、多様な仕事を経験しながら知的財産のスペシャリストとしての自分を高めていける職場です。
 IoTやAIが普及する第四次産業革命、企業のグローバル化に伴う旺盛な海外への特許出願、そして中小企業の生産性向上や地方創生など、世界がスピードを上げて変革しています。こうした中、知的財産の果たす役割はますます重要になっており、特許庁職員が活躍する業務も今後ますます多様に、そして専門的になっていくことでしょう。
 私たちは、意欲あるみなさんと相互に高め合いながら、共に次の世代の産業・経済の発展のために取り組んでいきたいと考えています。
 より多くのみなさんが、特許庁の職員を目指してくれることを期待しています。

 (平成29年10月)
 
 
 特許庁の採用情報ページはこちら
→  http://www.jpo.go.jp/index/saiyou/index.html