財 務 省 財 務 局

 業   務   概   要
   国と地域をつなぐ。その懸け橋となれる場所こそが財務局です。財務省や金融庁において企画・立案した財政・金融に関する政策を、その地域の特性を踏まえ、各地で実施するとともに、現場で収集した情報を、国へ的確かつ迅速に還元し、政策の企画・立案に役立てています。財務局においては、例えば国が編成した予算の効率的かつ効果的な執行を確保するための予算執行調査、地域金融の円滑化を図るための地域金融機関の検査・監督のほか、各地域の経済調査や災害発生時の対応等を行っています。本省庁、そして現場たる財務局という広いフィールドで、まさに「懸け橋」として活躍することが求められます。
 
「人事担当者からのメッセージ」
 
 
 「国と地域をつなぐ懸け橋になりませんか。」

  財務局は、財務省の総合出先機関として、また金融庁より事務委任を受けて、財政や金融に関する政策を地域の特性を踏まえ実施するとともに、現場で収集した情報を国へ的確かつ迅速に還元し、効果的な政策の形成に寄与します。まさに、『国と地域をつなぐ』
  その懸け橋として、国の政策に精通し、また各地域の実情も熟知する、さらには、財政・金融分野の豊富な業務経験を持つ職員が必要なのです。それが財務局総合職職員です。

  財務局総合職では、財務省や金融庁を中心に、全国の財務局や海外など、幅広いフィールドで活躍できる機会が待っています。
  採用されると、まずは、財務省において、予算・財政運営や国有財産行政など、国の政策現場で2年間勤務します。その後、財務局において金融証券検査官として地域金融機関に対する立入検査等の業務に携わり、『現場』経験を積みます。その後は、財務省や金融庁で係長・課長補佐として、政策の企画・立案に携わっていくほか、海外留学や海外勤務の機会にも恵まれます。これらの経験を踏まえ、財務局・財務省・金融庁の幹部職員として、様々なプロジェクトを適切にマネジメントしていく立場となります。その際、国の政策現場で得た経験や知識を活用するとともに、地域の実情を把握し、地域にマッチした政策執行に努め、地域経済の活性化に貢献するという役割が期待されています。

  このように財務局総合職は、地域と霞が関を結び付ける役割を持ち、予算・財政・国有財産・財政投融資・金融行政を始めとする幅広い業務を経験できる魅力があります。地域の声を国に届けたいという強い意思と大きなビジョンを持った方の挑戦を待っています。



 (平成27年3月)
 財務省大臣官房地方課
 人事調整企画室長
 木村 隆
 
 
       財務省財務局の採用情報ページはこちら
  採用情報ページ   → http://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/zaimu/saiyou.htm
  新卒採用Facebook → https://www.facebook.com/zaimukyoku