このコーナーでは、妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメント定義や影響について、Q&Aで解説します。

 Q1 妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントって何ですか? 

  妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントとは、職場における職員に対する妊娠、出産、育児休業・介護休暇等の制度等の利用に関する言動により当該職員の勤務環境が害されることをいいます。
  妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントは、上司又は同僚から行われるものが該当し、職務上関係のない者から行われるものは含みません。また、職場における言動によるものが対象となり、「職場外における」言動によるものは該当しませんが、「職場」には懇親の場等であって職務と密接に関連する場所も含まれます。
  典型例として、「不利益取扱いの示唆」、「業務上の必要性に基づかない制度の利用等の阻害」、「繰り返し嫌がらせをすること」などが挙げられます。
  客観的にみて、業務上の必要性に基づく言動によるものは、妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントには該当しません。

 Q2 具体的に、どんな「言葉」が妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントになりますか? 

○不利益取扱いの示唆
  ・ 育児休業の取得を上司に相談したところ「次の昇格はないと思う」と言われた。
○業務上の必要性に基づかない制度の利用等の阻害
  ・ 介護休暇の利用を周囲に伝えたところ、同僚から「自分は利用しないで介護する。あなたもそうするべき」と言われた。「でも、自分は利用したい」と再度伝えたが、再度同じ発言をされ、利用をあきらめざるを得ない状況になった。
○繰り返し嫌がらせをすること
  ・ 「自分だけ短時間勤務をするのは周りを考えていない。迷惑だ」と繰り返し又は継続的に言われ、勤務する上で看過できない程度の支障が生じた。

 Q3 具体的に、どんな「言動」が「業務の必要性に基づく言動」になりますか?

○上司
  ・ 業務体制を見直す目的で、育児休業の利用の希望期間を確認すること
  ・ 業務状況を考えて、妊婦健診日をずらせないかと相談すること
○同僚
  ・ 自分がフレックスタイム制を利用する目的で、同僚のフレックスタイム制の内容を尋ね、変更を相談すること

 Q4 マタニティ・ハラスメント(マタハラ)とは違うのですか?

 一般に「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)」という場合、@国家公務員法等で禁止されている任命権者から行われる妊娠等を理由とする不利益取扱いと、A職場における上司・同僚から行われる制度利用の阻害や嫌がらせ等があり、人事院規則10−15(妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントの防止等)は、Aを防止するための措置義務を定めたものです。