定年がもたらすもの

3.生活環境の変化

定年制度定年後の措置生活環境の変化平均余命健康寿命

定年後は完全リタイアして悠々自適の生活を、というのは遠い過去のものとなりました。定年退職をしても引き続き働くという人が公務員、民間企業を問わず増えています。

引き続き働くことから、現役の頃と生活はあまり変わらないと思われるかもしれませんが、定年という大きな転機を迎えた後ですから、生活に変化が生じます。また、完全リタイアする生活は必ず訪れます。その時には、更に、生活環境が大きく変わります。これらの変化への対応は一朝一夕にはできません。今から様々な変化を想定し、退職後の長い第二の人生が、充実したものとなるように準備することが大切です。

1 収入が減る

公的年金の支給開始年齢引き上げに伴い、定年後に働かなかった場合は、無収入となり、再任用、再就職をしたとしても、定年前に比べ、収入は大幅に減ります。

2 自由に使える時間が増える

完全リタイア後はもちろん、定年後においても拘束されない時間が大幅に増えます。

3 家族と接する時間が増える

自宅にいる時間が増えることにより、それまで気付かなかった家族の姿や人間関係が否応なく見えてきます。家族の方も、皆さんの在宅時間が増えることにより、困惑することがあるかもしれません。

4 主な活動領域が居住地域になる

退職後は、職場から家庭、地域などに生活の軸足が移ります。そのため、地域にいかにスムーズに溶け込めるかということが大切になります。

5 公務での価値観や肩書きが通用しなくなる

退職後は、公務に対していかに強い思い入れがあっても、そこから離れて一個人に戻ることになります。これまでの言動のより所であった公務での価値観の転換を迫られるケースもあるでしょうし、定年前の肩書きは通用しなくなります。

6 公務での人間関係が徐々になくなっていく

公務の職場を離れると、これまでの職場の人間関係が徐々になくなっていきます。そのために、体験したことのない孤独感や寂りょう感にさいなまれることもあります。

7 副次的な避難場所がなくなる

退職前は、職場が、結果として家庭や居住地域での煩わしい事柄からの避難場所になっていたケースがあるかもしれません。しかし、退職後は、このような副次的な逃避場所がなくなります。