このコーナーのトップへ

退職手当制度の概要

俸給月額勤続期間退職理由調整額退職手当の計算例退職手当に係る税金退職手当手取額計算書 |

7.退職手当手取額計算書

1 退職手当額の算定
ア 勤続年数
退職(予定)年月
 
 
 
採用年月
 
 
勤続年月数
 
 
月a

除算期間
除算対象期間
除算率*
除算年月数b
*休職等1/2、職員団体専従休職期間等1/1
         
         

退職手当法上の勤続期間
=
勤続年月数 a
-
除算年月数 b
手当計算上勤続年数
 
-
 
=
(端数切捨て)
 
税法上の勤続年数
=
勤続年数
c
(端数切上げ)
‹注›
税法上の勤続年数の扱いとしては、職員団体専従休職期間はすべて除算するが、休職期間は除算せず、全休職期間を勤続年数として含める。

イ 退職理由
   定年    応募認定    自己都合    その他

ウ 支給割合
アとイをもとに「国家公務員退職手当支給割合一覧」の支給割合
d

エ 退職日の俸給月額
e
早期退職募集制度に応募して認められ、かつ、定年前15年以内、勤続20年以上等の場合
 
→ e
×
{1+(3%×(定年年齢−退職時年齢)}
=
f
(注) 定年年齢と退職時年齢の差が1年の場合は2%が適用されます。また、一般職給与法の指定職俸給表1号俸相当額以上4号俸相当額未満の者については、1年当たりの割増率2%が、4号俸相当額以上の者については、1年当たりの割増率1%がそれぞれ適用され、6号俸相当額以上の者については不適用となっています。

オ 調整額
基礎在職期間のうち、その調整月額の高い方から60月分の合計額を加算
X
X
=
g
以上により

e又はf 退職日の俸給月額   d 支給割合   g 調整額   A 退職手当支給額
X
 
+
=


4 退職手当に係る税額
       
 
     
 
退職手当支給額
退職所得控除額        
課税対象額
=(A
−ア
万円
)×1/2  
 
=
(1000円未満は切捨て)        
     
       
                 
cが20年超
→(勤続年数c
 
−20)×70万円+800万円
=ア
万円

 
20年以下
 
×40万円
=ア
万円

 

ア 所得税(所得税の計算参照)
        税率   控除額    
所得税
=B(
X
%
-
万円
)X1.021=イ
 
 
 
 
 
 
 
 
(1円未満切捨て)

イ 住民税(住民税の計算参照)
        税率        
市町村民税
=B
X
6 %
 
=ウ
(100円未満切捨て)
                 
道府県民税
=B
X
4 %
 
=エ
(100円未満切捨て)

5 退職手当の税引き後の手取額
  退職手当支給額   税額(イ+ウ+エ)   税引後手取額  
A
 
-
 
=
 

源泉徴収のための退職所得控除額の表
勤続年数
退職所得控除額
勤続年数
退職所得控除額
一般退職の
場合
障害退職の
場合
一般退職の
場合
障害退職の
場合
 
千円
千円
 
千円
千円
2年以下
800
1,800
24年
10,800
11,800
     
25年
11,500
12,500
     
26年
12,200
13,200
           
3年
1,200
2,200
27年
12,900
13,900
4年
1,600
2,600
28年
13,600
14,600
5年
2,000
3,000
29年
14,300
15,300
           
6年
2,400
3,400
30年
15,000
16,000
7年
2,800
3,800
31年
15,700
16,700
8年
3,200
4,200
32年
16,400
17,400
           
9年
3,600
4,600
33年
17,100
18,100
10年
4,000
5,000
34年
17,800
18,800
11年
4,400
5,400
35年
18,500
19,500
           
12年
4,800
5,800
36年
19,200
20,200
13年
5,200
6,200
37年
19,900
20,900
14年
5,600
6,600
38年
20,600
21,600
           
15年
6,000
7,000
39年
21,300
22,300
16年
6,400
7,400
40年
22,000
23,000
17年
6,800
7,800
     
           
18年
7,200
8,200
41年以上
22,000千円に、勤続年数が40年を超える1年ごとに700千円を加算した金額 23,000千円に、勤続年数が40年を超える1年ごとに700千円を加算した金額
19年
7,600
8,600
20年
8,000
9,000
     
21年
8,700
9,700
22年
9,400
10,400
23年
10,100
11,100
(注)
この表における用語の意味は、次のとおりです。
(1)
「勤続年数」とは、退職手当等の支払を受ける人が、退職手当等の支払者の下においてその退職手当等の支払の基因となった退職の日まで引き続き勤務した期間により計算した一定の年数をいいます(所得税法施行令第69条)。
(2)
「障害退職の場合」とは、障害者になったことに直接基因して退職したと認められる一定の場合をいいます(所得税法第30条第5項第3号)。
(3)
「一般退職の場合」とは、障害退職の場合以外の退職の場合をいいます。
(備考)
(1)
退職所得控除額は、(2)に該当する場合を除き、退職手当等に係る勤続年数に応じ「勤続年数」欄の該当する行に当てはめて求めます。
   この場合、一般退職のときはその行の「退職所得控除額」の「一般退職の場合」欄に記載されている金額が、また、障害退職のときはその行の「退職所得控除額」の「障害退職の場合」欄に記載されている金額が、それぞれその退職手当等に係る退職所得控除額です。
(2)
所得税法第30条第5項第1号(退職所得控除額の計算の特例)に掲げる場合に該当するときは、同項の規定に準じて計算した金額が、その退職手当等に係る退職所得控除額です。