life

4.地域社会との関係
60歳代の特徴生活設計の手順家庭の人間関係地域社会との関係

定年後は、居住地域で過ごす時間が定年前に比べると多くなります。皆さんの中には、既に居住地域との関係を構築している人もいるでしょうが、転勤の繰り返しや公務が多忙であったことなどにより、定年後に初めて居住地域を意識することになる人も多いと思います。

ところで、皆さんの中には「居住地域との関係を作れ」と言われても、どのようにしたらよいのかが分からない人も多いと思います。要するに、普段の近所付き合いの延長線上にあるものですが、定年前までは積極的に取り組まなくても皆さん自身にとってはあまり影響がなかったと思います。定年後も近所付き合いはしたくないという人もいるかもしれませんが、公務との関係が徐々になくなる中で、定年後の生活空間として、これまで以上に長く過ごすことになる居住地域と何の関わりもなく生活することは、かえって息苦しくなるのではないでしょうか。

居住地域での町内会活動、趣味やスポーツ等のサークル活動、相互扶助活動などを通して生活に充実感を持てるかも知れませんし、公務という職場の人間関係をなくした喪失感を払しょくする新たな人間関係を作れるかも知れません。

また、定年前は、時間などの制約により難しかったボランティア活動などを介し、皆さんが公務で長年培ってきた知識、経験、能力などを地域社会へ還元することもできます。定年後は、とにかく家庭に引きこもるのではなく、積極的に社会へ出ていった方が意義ある生活を送れると思います。

     
【全国各地のボランティア窓口】

都道府県・指定都市等におけるボランティア活動については、次のホームページをご覧ください。

都道府県・指定都市社会福祉協議会/ボランティアセンター

http://www.zcwvc.net/全国各地のボランティア窓口/


【参加している団体等】

平成25年度に内閣府が実施した「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」(60歳以上の者を対象に調査)によると、現在参加している団体や組織について尋ねたところ、「町内会・自治会」が26.7%で最も高く、以下、「趣味のサークル・団体」が18.4%、「健康・スポーツのサークル・団体」が18.3%、「老人クラブ」が11.0%などとなっています。

また、参加したい団体や組織について尋ねたところ、「趣味のサークル・団体」が31.5%で最も高く、以下、「健康・スポーツのサークル・団体」が29.7%、「町内会・自治会」が20.6%などとなっています。

なお、過去20年間では「老人クラブ」への参加が低下傾向にあり、「健康・スポーツのサークル・団体」「趣味のサークル・団体」への参加が上昇傾向にあります。

【参加している団体等】

JICAのボランティアプログラム

JICAhttp://www.jica.go.jpボランティア事業は開発途上国からの要請に基づき、それに見合った技術・知識・経験を持ち、「開発途上国の人々のために生かしたい」と望む方を募集し、選考・訓練を経て、ボランティアとして派遣するものです。

     

その主な目的は、1 開発途上国の経済・社会の発展、復興への寄与、1 友好親善・相互理解の深化、1 国際的視野の涵養とボランティア経験の社会還元です。

    

シニア層を対象としたJICAボランティア事業の内容は以下のとおりです。

1 シニア海外ボランティア

アジア・アフリカ・中南米・大洋州・中東の開発途上国の公的機関等に所属し、現地の人々と協働しながら、指導、助言、調査を通じて人材育成を図り、国づくりのために協力しています。

     

ア 応募資格:満40歳から満69歳の日本国籍を持つ方

     

イ 募集期:春募集・秋募集の年2回

ウ 派遣期間:1年間又は2年間

     

エ 現在の派遣国数:60カ国

     

オ 現在の派遣人数:432名(男性369名、女性92名)

     

カ 派遣国数累計:73カ国

     

キ 派遣人数累計:5,677名(男性4,651名、女性1,026名)

     

※平成27年3月末現在(派遣に関する国・人数については短期ボランティアを含む。)

     

 

     

一次選考は健康診断、技術、語学力審査が行われ、二次選考で面接が行われます。なお、必要とされる語学力は要請内容によって異なります。

     

派遣前には、35日間の派遣前訓練を実施し、現地での語学や安全管理、健康管理、異文化理解等に関する知識を習得していただきます。

また、派遣に伴い、現地生活費、住居費、国内手当(65歳未満)が支給されます。扶養家族(配偶者や子女)を随伴することも可能で、随伴家族に対しては、規定に基づき渡航旅費、諸手当(家族手当:配偶者及び18歳未満の子女が対象)が支給されます。

     3 短期ボランティア制度

平成17年度から設置された制度で、短期間の活動であれば参加できるという方を対象に年4回募集しています。シニア海外ボランティアと同様の活動分野において、要請内容により1ヶ月から10ヶ月程度の期間で派遣されます。

シニア海外ボランティアの活動分野には、次のようなものがあります。

     

分野名
職種(例)
計画・行政 環境行政・コンピュータ技術・マーケティング・国際金融論・プログラムオフィサー
公共・公益事業 電子工学・上下水道・都市計画・廃棄物管理・気象学・テレビ番組制作など
農林水産 野菜栽培・果樹栽培・病虫害防除・家畜疾病診断・土壌分析・農業機械・水産物加工・養殖・漁船機器保守など
鉱工業 金属加工・自動車整備・船舶機関・溶接・医療機器・プラスチック加工技術・電気工学・鉱山廃棄物処理・建設機械など
エネルギー 代替エネルギー・バイオ燃料・経営資源管理・タービン制御技術など
商業・観光 市場調査・経営管理・品質管理・物流システム・観光開発など
人的資源 柔道・空手道・理数科教師・日本語教育・服装デザインなど
保健・医療 作業療法士・看護教育・助産師・高齢者介護など
社会福祉 知的障がい者支援・労働安全衛生・都市防災計画など
2 日系社会シニア・ボランティア

中南米地域の日系人社会で、移住者や日系の人々と生活し、協働しながら、地域社会の発展のために協力しています。

    

日系人社会の向上との関わりが深い機関に派遣されるため、日系社会シニア・ボランティアの活動分野は、教育文化、保健衛生、社会福祉部門が中心で、特に日本語教育の分野が大半を占めています。

     

ア 応募資格:満40歳から満69歳の日本国籍を持つ方

イ 募集期:秋募集のみの年1回

     

ウ 派遣期間:原則2年間

     

エ 現在の派遣国数:5カ国

     

オ 現在の派遣人数:22名(男性5名、女性17名)

     

カ 派遣国数累計:10カ国

     

キ 派遣人数累計:455名(男性224名、女性231名)

     

※ 平成27年3月末現在

     

 待遇、各種制度についてはシニア海外ボランティアと同様です。

  • 詳しくは、JICAボランティアホームページ
  • をご覧ください。